音楽が心身に及ぼす効果

昔から音楽には人をリラックスさせたり、元気づけたりする力があることが経験的に知られていました。
複数の研究においても音楽が心身に大きな影響を与えることが実証されています。
具体的には次のような効果が期待できます。

①脳の自律神経に働きかけて、癒しや安心感を与えます。過度の緊張やストレス、気分の落ち込みなどを軽減することができます。

②懐かしい音楽を聴くことで記憶が刺激され、豊かな感情を取り戻すことができます。

③音楽を通して周囲との一体感高揚感を味わうことができるため、コミュニケーションをとりやすくなります。

④音楽を聴くと、そのリズムに合わせて自然に身体が動き、楽しく運動することができます。

 

⑤冷え性の原因である血行不良には体内の血行調節に働く自律神経の乱れが関わっています。

そのため、音楽を聴くことで自律神経のバランスが整い、血行が促進すると考えられています。

入浴や運動などに加え、ぜひ今日からはじめましょう。

⑥音楽の力は、「音楽療法」として病院や介護施設などでも活用され、音楽療法の専門家である「音楽療法士」が在籍し、患者さんのケアに取り組んでいる施設もあります。音楽療法の効果は幅広く、患者さんの手術の不安やさまざまな痛みの緩和をはじめ、がんの放射線治療の副作用を軽減する効果も報告されています。

また、音楽を用いたリハビリプログラムにより、心身の障害の回復や生活の質の向上にも役立てられています。

さらに、自律神経の働きを整える音楽の力は、生活習慣病の予防に効果があるとされ「聴く薬」としても注目を集めているのです。

 

シーン別のおすすめ音楽

同じ音楽でも、クラシックとヘヴィメタルでは心身に及ぼす影響が異なります。ここでは、シーン別におすすめの音楽をご紹介します。

シーン1:集中力を高めたい 
1/fゆらぎと呼ばれる周波数を持つ音楽には集中力を高めるα波を多く出す効果があるといわれています。

1/fゆらぎが含まれている音楽には、モーツアルトやバッハに代表されるクラシック音楽、鳥のさえずりや川のせせらぎなどの自然音などがあります。

シーン2:なかなか寝つけない 
なかなか寝つけないときは、オルゴールやの音や自然音の入ったヒーリング音楽を聴くのがおすすめです。

ゆったりした音楽を小さな音量で聴きましょう。

歌詞のあるものやアップテンポのものを聴くと、逆に寝つきの妨げにあることがあります。

シーン3:ストレスを発散したい  
気分を高揚させる効果のあるアップテンポな音楽がおすすめです。

ヘヴィメタルにはストレス発散する効果があるという報告もあります。
音楽を聴くだけでなく、歌うのも一つの手。

好きな曲を元気よく歌えば、ストレス解消になるでしょう。

シーン4:決断を迫られている 
進学、就活、恋愛など、人生は決断の連続です。

決断に迷っているときは、ベースが強調された重低音の音楽が一歩踏み出す勇気を与えてくれます。
ポップスやヒップホップ、レゲエなどがおすすめです。
音楽といっても様々なジャンルや使い道があるんですね!
最近はサブスクで気軽に聴けるようになってきたので便利になりましたよね!
昔はCDをレンタルしに行って、音楽を取り込むのも時間がかかって大変だったので、凄い進歩ですよね。笑
ちょっとした意識で、皆さんの普段聞いてる好きな音楽がまた違って聴こえてくるかもしれませんね!
ゆるり整体整骨院 六本木
03-3479-6088
営業時間:12時~23時(最終受付22時)
日曜休診 祝祭日もやってます!
火曜日 フェイシャルエステの日 12時~18時
金曜日 鍼灸の日 12時~21時

フェイシャルエステの効果

皆さんこんにちは。桜も散り始めて、花見のシーズンが終わろうとしています。

今年はコロナの影響もあって、ブルーシートを広げて大々的にお酒を飲む形はできなかったので、大部分の人は残念感が大きかったのではないでしょうか?

私もお酒が好きなので友達とよくやっていたのですが、コロナが流行りだしてからは散歩をしながら眺める形をとっています。

今まで呑みの席での花見でしたが、案外散歩しながらの花見も捨てたもんじゃないですね!

また違った良さを感じます。

 

さて、今回はフェイシャルマッサージについてお話をしていきたいと思います。

 

なんと、ゆるりでもフェイシャルエステなどの美容メニューを施術することになりました!

専門のスタッフさんが入ったので、安心して施術を受けられます。

 

美容には疎い私ですが、簡単にフェイシャルエステの効果を説明していきたいと思います!

頑張って書きますので、最後までお付き合いくださいね。笑

 

①美容効果

ていねいなクレンジング・洗顔により、普段のセルフケアでは落としきれない毛穴汚れを落とせます。

さらに基礎化粧品やパックなどで肌に必要な水分・油分・栄養を補給することで、美肌効果を得られます。

女性からしたら目から鱗ですね!

最近は美意識が高い男性も増えているので、美容に気を遣っている方はチェックしておきましょう!

 

②小顔効果

マシンやハンドを用いて顔の筋肉をほぐし、血行やリンパの流れを良くすることでむくみが緩和され、小顔効果が期待できます。

セルフでもやられている方も多いと思いますが、やはり人の手でやってもらったほうが体感的にも効果が違うと思いますよ!

③美白効果

肌表面の汚れを除去するピーリング、特殊な光を当ててシミの原因に働きかける光フェイシャルなどの施術によって、美白効果が見込めます。

毎日のお風呂でのケアだけでは補えない部分です。

頭皮などもそうですがお肌も同じなのです。

④癒し効果

リンパマッサージによって顔の筋肉のコリがほぐされると、顔全体の疲労が和らぎます。

施術に使用するコスメの華やかな香りや内装の非日常的な雰囲気によって、精神的にもリラックスできます。

ゆるりのリラクゼーションのマッサージと併用することで、リラックス度はかなり上昇すると思います。

もちろん単体でも十分効果はありますが、時間とお金に余裕があったら是非ともお勧めしたいコースとなっています!

 

効果が出るまでは最短1日、ニキビやシミなどは長期間を前提に

フェイシャルエステの効果が出るまでの期間は、大きく分けると毛穴汚れやむくみなどは即日、ニキビやシミなどは長期間と差が出ます。

これはトラブルの原因が肌細胞そのものにある場合、肌が生まれ変わるのを待つ必要があるからです。

 

例えば毛穴の汚れであれば、肌表面に付着した皮脂汚れを洗浄します。

もしくはむくみであれば顔の水分や老廃物を一時的に流せばいいので、施術後すぐに効果を実感できるでしょう。

しかし、ニキビやシミなどは表面的なアプローチで消せるものではなく、肌内部に働きかけて新しい肌細胞に生まれ変わるのを待つ必要があるので、効果が出るまでに時間がかかります。

 

上記の理由により、「最短1日で効果を実感できるもの」と「効果が出るまえに長期間必要なもの」に分類すると以下のようになります。

ここらへんを押さえておくのとそうでないのとでは、施術後に悩まれてしまうと思いますので、しっかり覚えておきましょう。

 

最短1日で効果を実感できるもの

  • 毛穴汚れ
  • 毛穴の開き
  • 毛穴の黒ずみ
  • むくみ
  • くすみ
  • 乾燥  など

効果が出るまで長期間必要なもの

  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • そばかす
  • たるみ
  • ほうれい線  など

⑥持続期間は2日~1週間

驚くべきことに、フェイシャルエステの効果は2日~1週間程度しか持続しません。

意外と短いですよね。

もっと長続きしてくれてもいいのにと個人的には思うのですが、エステで一時的に肌がキレイになっても、日々の生活(間違ったスキンケア・紫外線によるダメージ・ほこりや排気ガスなど)によって、徐々に肌が元の状態に戻ってしまうようです。

皆さん、くれぐれも日々の過ごし方には気をつけていきましょうね。

 

以上、美容とは無関係の私が説明してきましたが、皆さんも是非機会がありましたら、受けてみてはいかがでしょうか??

 

私もスタッフに施術してもらいましたが、目のクマがだいぶ軽減したのでかなり大満足でした!

施術前と施術後の写真を撮って違いを確認するのも変化が分かっていいかもしれないですね!

 

ご愛読ありがとうございました!!

 

ゆるり整体整骨院六本木

03-3479-6088

営業時間:12時~23時(最終受付22時) 日曜日以外営業 祝日もやってます!

フェイシャルエステは毎週火曜日の12時~18時なのでお気を付けください!

専門のスタッフが施術いたしますのでご安心くださいませ。

依存症について

こんばんは!

ゆるり整体整骨院 六本木の鈴木です!

さて、本日のお題は・・・「依存症」についてです!

 

皆さんは、依存性と聞くと、「なんとなく怖い病気」とか

「自分とは関係ない、他人事」とか思ってませんか??

 

しかし・・・・

 

人間は誰でも多かれ少なかれ何かに依存して生きています。

 

人に依存する人、物に依存する人、行為そのものに依存する人・・・etc…..

 

 

それを自分でちゃんとコントロールできていれば何の問題もないのですが、依存しすぎて自分自身でコントロールできなくなってしまうと依存症と呼ばれるようになってしまい、のちのち大きな問題となる人も多いのです!!!

 

そもそも、依存症の定義って何だろう??

 

と疑問に思う方も多いでしょう。

 

依存症とは

 

「依存症とは、ある物事に異常なほど執着し、それなしでは我慢できないという状態になってしまった病気」です。中毒と呼ばれることもあります。

 

「かつてはアルコール依存症、薬物依存症くらいしか指摘されていませんでしたが、近年、ギャンブル依存症やゲーム依存症など多方面において依存症が認められており、大きな社会問題にまで発展しています」

 

依存症は大きく分けて、物質依存とそれ以外のものとに分けられています。

 

アルコール依存症、薬物依存症、タバコ(ニコチン)依存症のように、ある特定の物資を摂取し続けなければ気が済まない状態です。

 

物質依存の場合、大きな特徴として「耐性」と「離脱」という症状が現れます。耐性というのは、ある特定の物質をとり続けることにより、徐々にそれまでの摂取量では我慢できなくなっていって摂取量が増えてしまうことです。

 

もうひとつの離脱は、依存している物質を摂取しなくなると我慢できなくなって情緒不安定になってしまうというものです。

わかりやすくいうと禁断症状が現れます。

この時の物質は、アルコールや薬物、ニコチンのように体に悪いといわれるものが多く、この状態が続くと脳は満足しても体が破壊され、取り返しのつかないことになります。

これらは、まぁ身近というかよく見ますよね?こういった症状の人・・・

タバコやめられない・・・本数多くなる。。。

アルコール飲まずにいられない・・・やばッ!!俺もそうだ・・・なんちゃって。

 

長々と物質依存のことを説明しましたが、今回は「行為依存」についてお話していきます。

 

一番厄介なやつです。

 

ゲーム依存症やギャンブル依存症などが代表的であるが、日常の中にある特定の行為に必要以上に熱中してしまう状態です。

 

大体、やっている行為は自分にとってまずいものなのはわかっていますが、どうしてものめりこんでしまいます。

こちらの場合もやはりやらないと我慢できなくなるという離脱の症状が現れます。

 

体にとって悪いものを摂取するというわけではありませんが、ギャンブルなどに熱中する余り金銭問題を引き起こしたり、ゲームに熱中する余り仕事に行かなくなったりと、社会的に問題になることが多いです。

 

他に、他人(知人やある特定の人物など)との人間に対し頼りにしすぎて依存するケースもあります。
占い依存やDV(ドメスティック・バイオレンス)などもよくあると言われています。

DVに関してはお互いが依存し合っている場合が多いようです。

人に依存しすぎるタイプは「洗脳」や「マインドコントロール」とかにまでいってしまうことが多いようです。

本当に怖いですね。

しっかりとした気持ちを持っていないと、どんどん流されていっちゃうので気付いた時にはもう手遅れ、、、、なんてこともありうるわけです。

 

 

薬物摂取ではなく、何らかの行動依存の場合は、その行動をしたときに脳内で興奮作用を引き起こすドーパミンが過剰に分泌され、その時の快楽気分が脳に記憶されてしまうことから始まります。

 

誰でも自分の好きなことをしている時は楽しいですし、その時は誰の脳の中でもドーパミンが分泌されていますが、通常ならばある程度の抑制力が働き、実生活に破綻をきたすことにはなりません。

しかし、ストレスなどで脳内のバランスが崩れている場合、ドーパミンを分泌量以上出ていると脳が勘違いをしてしまうのです。

 

普通の人が「あー楽しいなー」程度で済む所が「無茶苦茶面白いじゃん」というレベルで感じてしまうわけですね。

この状態が進行すると、この面白さを脳が常に求めてしまうようになり、延々と同じ行動を繰り返すようになってしまうわけです。

 

従って、ギャンブル依存症とかゲーム依存症とか代表的に言われているもののほかにも、人間が楽しいと思えること何でも依存症になる可能性を誰もが持っているのです。

 

人間って弱い生き物なので、なにかしらに頼っていかないと生きていけない動物です。

それが適度に依存するぐらいならいいですが、行き過ぎは禁物です。

自分自身のことをよく知り、コントロールする術を身につけていかなくてはいけません。

 

明日は我が身だと思って、皆さんも気をつけていきましょう!

 

お酒 イラスト素材

気象病

皆さんこんにちは!

こうも暑いと体がだるくて、何をするにも気が滅入っちゃいますよね。

年々暑くなってきていますので、こまめな水分補給をして熱中症にならないよう注意しましょう!

さて今回は気候の変化による頭痛についてお話していきたいと思います。

 

まず、気候による体調不良のことを気象病といい、その原因は“自律神経の失調”と言われています。

自律神経は、体調を正常に保つために呼吸血液循環消化体温調整をはじめ、さまざまな機能をコントロールしている神経です。

気温や気圧など気象全般の変化に、自律神経が敏感に反応して、鋭敏に働いてしまうことで起こります。

例えば、私たち人間は暑いと感じたときには汗をかき、冷えたときには、顔などがカーっと熱くなることがあります。

それは、体温を調整しようとする自律神経の働いている証拠といえます!

暑さや寒さに身体を順応させるために、体温をコントロールしているのです!

そのように、本来は身体を正常に保つために働くものなのですが、働きが過剰になってしまうことで気象病が起こります。

 

年齢や性別に関係なく気象病は起こりますが、特に月経のある女性に頻発します。

それは、ホルモンバランスの変化に対応するためにも自律神経が働いているからです。

月経周期はさまざまなホルモンで調整され、約1か月の間にそのバランスが変化しています。

そのホルモンバランスの変化に、気象の変化が加わることで、自律神経の働きが過剰になってしまうのです。

更年期の女性も、ホルモンバランスが乱れやすくなるため、気象病が起こりやすくなります。

また、その人の気質にも関係があると考えられます。

小さなことが気になる人や、精神的なストレスを受けている人、湿疹など身体に変化が現れる人も気象病になりやすいと言えます。

 

漢方医学では、気象病の多くは【水毒(すいどく)】だと考えられています。

水毒とは、汗やリンパ液など、体液の循環が悪くなった状態のこと。

頭痛は、血液に水分が溜まって血管が拡張し、神経を圧迫することで起こります。

湿度が高く汗をかきにくくなる梅雨は、特に頭痛が起こりやすくなります。

気象の影響で起こる頭痛としては、まず片頭痛が挙げられます。

ズキズキと脈打つように痛むのが特徴で、“片”頭痛という名前の通り、多くの場合が頭の片側だけに起こります(両側に起こることもあります)。

中には、緊張型頭痛が現れる人もいます。頭がぎゅーっと締めつけられるような痛みが特徴です。

ただ、この頭痛は血管が拡張して起こるものではなく、後頭部や首の後ろ側の筋肉が収縮することが原因です。

同じ頭痛でも、気圧の変化によって血管に影響を受ける人、筋肉に影響を受ける人がいるということになります。

それぞれの自律神経の“バランスの乱れ方”が違うので、人って不思議な生き物だなーとしみじみ思いながらブログをここまで書きました。笑

 

ご愛読ありがとうございました!

 

ゆるり整体整骨院六本木

東京都港区六本木5-1-1 マイアミビル2F

03-3479-6088

肘部管症候群について

寒さも段々と厳しくなってきて、肌寒い季節になってきましたね。

コロナにかかる人も増え、第三波がきてるなんて世間では言われていますが、皆さんはどうお過ごしでしょうか??

しっかりとウイルス対策をして手洗いうがいや手指のアルコール消毒を徹底している人が多いとは思いますが、この長期間でのコロナ疲れでしっかりと予防できない人たちも増え始めています。

ただでさえ日々の疲れで参っているのに、コロナ疲れも加わってしまうと気が滅入ってきちゃいますよね。。

でも、そんな時こそ明るく前向きに物事を考えることが大切になってきます!

私も普段あまり運動をしないのですが、コロナが蔓延してから近所をジョギングするようになりました!

メンタルや体をケアするのは大変ですが、これを機に皆さんも新しい趣味を見つけてみてはいかがでしょうか?

 

さて、余談が長くなりましたが、前回のブログの手根管症候群に引き続き、手の痺れに着目してお話していきたいと思います!

今回はその名も・・・肘部管症候群!!

 

なんだよ!手の痺れって言ってたのに肘じゃねーかよ!と突っ込みをいれたくなる人もいるかと思うので、簡単ではありますが説明していきたいと思います!

 

この肘部管症候群、実は原因は肘にあるのですが、症状が手に出てしまう疾患なのです。

 

肘の内側には尺骨神経という手の小指のほうまで伸びている神経があるのですが、この尺骨神経が肘のところで慢性的に圧迫を受けたり、牽引されることによって発症します。

 

なんで圧迫や牽引が起きてしまうのかというと

 

①神経を固定している靭帯ガングリオン(難しい名前ですが腫瘤の一つです)による圧迫

 

加齢に伴う肘の変形

 

供の時の肘の骨折による肘の変形

 

野球柔道などのスポーツ

 

などが大きな要因となっているようです。

 

もちろん肘に負担がかかってしまえば、上記以外の理由でも発症するリスクが大きくなるので、日頃から肘に負担がかからないような日常生活を送ることが大切になってきます!

 

では、どんな症状が出てしまうのでしょうか??

圧迫や牽引という言葉を使っているのでなんとなく想像はつくとは思いますが、そうなんです!

手が痺れてしまうのです!!

 

それも手の全体とかではなく、小指環指に痺れが発生します。

 

しかし、麻痺が進行すると手の筋肉がやせてきたり小指と環指の変形がおきてきます。

症状が進行する前に整形外科などの医療機関への受診をお薦めします!

 

 

肘の内側を軽く叩くと小指と環指の一部に痺れ感が走ります。
肘の変形がある場合には、X線(レントゲン)検査で肘の外反変形関節の隙間が狭いことがわかります。

この疾患だけに関わらず、いろんなパターンや状態を見極めながら診療を進めていっているのです。

プロのお医者さんはこういうことを頭に入れて診断しているわけなので、柔道整復師の私ももっともっと精進していかなければならないなと、常々思います。

 

 

色々と説明してきましたが、どのような予防と治療をしていけばいいのでしょうか。

 

それは、薬物の投与・肘の安静などの保存療法をまずは行います。
これらの治療が無効の場合や麻痺が進行しているときには、尺骨神経を圧迫している靱帯の切離ガングリオンの切除を行います。

神経の緊張が強い場合には、骨をけずったり神経を前方に移動する手術を行います。
肘の変形がある場合には(外反変形など)、変形を手術することもあります。

 

話が長くなりましたが、神経症状といっても個人の感じ方は様々です。

決して独断などで判断せず、しっかりとお体の事を考えてあげて下さいね♪

 

 

リラクゼーション予約

GoogleMAP

インスタ

Facebook

手根管症候群について

暑さが段々と厳しくなってきましたね。

外を歩くだけで汗が流れて、Tシャツはベトベトになり、本当に嫌な季節ですよね。

 

屋内で過ごしていても、冷房のせいで体が冷えて不調を感じる方も増えています。

外が暑ければ暑いほど、冷房の温度も下げてしまいますからね。

悪循環に陥ってしまう方が増えてきています。

 

なんとか工夫してこの暑い夏を乗り切りたいものですね!

 

さて今回は、神経疾患の中でも罹患率の高い手根管症候群についてお話していきます!!

 

まず、この手根管症候群の症状としましては、

初期には示指、中指が痺れ、痛みがでますが、最終的には母指から環指の母指側の3本半の指が痺れます(正中神経の支配領域)。急性期には、この痺れ、痛みは明け方に強く、目を覚ますと手が痺れ、痛みが発生するのが特徴です。

 

手を振ったり、指を曲げ伸ばしすると痺れや痛みは楽になります。手のこわばり感もも出現する方もいるようです。

ひどくなると母指の付け根(母指球)が痩せて母指と示指できれいな丸(OKサイン)ができなくなります。縫い物がしづらくなり、細かいものがつまめなくなります。

 

原因不明の事が多いですが、妊娠・出産期や更年期の女性に多く生じるのが特徴です。
そのほか、骨折などのケガ、仕事や家事、スポーツでの手の使いすぎ、透析をしている人などに生じます。腫瘍や腫瘤などの出来物でも手根管症候群になることがあります。

 

手に痺れや痛みこわばり感があったら、まず自分の生活の中で原因がどこにあったのかを考えた方が、予後の状態が安定してくるはずです!

 

実際に手首がどのような状態になって痺れや痛みが発生しているのかというと、

正中神経が手首(手関節)にある手根管というトンネル内で圧迫され、そこに手首(手関節)の運動が加わって手根管症候群は生じます。

手根管は手関節部にある手根骨横手根靱帯(屈筋支帯)で囲まれた伸び縮みのできないトンネルで、その中を1本の正中神経と指を動かす9本の腱が滑膜性の腱鞘を伴って走行しています。

原因のところで述べましたが、妊娠・出産期や更年期の女性に多い特発性手根管症候群は、女性のホルモンの乱れによる滑膜性の腱鞘のむくみが原因と考えられています。手根管の内圧が上がり、圧迫に弱い正中神経が扁平化して症状を呈すると考えられています。使いすぎの腱鞘炎やケガによるむくみなども同様に正中神経が圧迫されて手根管症候群を発症します。

 

検査方法としましては、色々な方法が提唱されていますが、最もポピュラーなのが手首(手関節)を打腱器などで叩く検査です!

痺れや痛みが指先に響くかどうかを鑑別して、陽性なら手根管症候群になっている可能性が非常に高いという事になります。

この検査をティネルサインといいます!

その他にも、手首(手関節)を直角に曲げて手の甲をあわせて保持し、1分間以内に痺れ、痛みが誘発されるかどうかを確認するテスト法があります。このテスト法をファーレンテストといいます!

 

それ以外だと母指球の筋力低下や筋萎縮を診たり、補助検査として、電気を用いた筋電図検査を行います。手根管をはさんだ正中神経の伝導速度を測定するようです。

 

腫瘤が疑われるものでは、エコーやMRIなどの検査が必要になってきます!

 

治療に関しましては、

消炎鎮痛剤やビタミンB12などの飲み薬、塗布薬、シーネ固定などの局所の安静、腱鞘炎を悪化させないために手根管内腱鞘内注射などの保存的療法が行われます。

 

難治性のものや母指球筋の痩せたもの、腫瘤のあるものなどは手術が必要になります!

手術には、以前は手掌から前腕にかけての大きな皮膚切開を用いた手術を行っていたが、現在はその必要性は低く、内視鏡を用いた鏡視下手根管開放術や小皮切による直視下手根管開放術が行われているとのことです。

 

当院でもテスト法を用い鑑別し、ここで治療できるものなのか、それとも病院に紹介した方がいいのかなど、しっかり対応いたしますので安心してご来院下さい!

 

わりと発生頻度の高い身近な疾患ですので、皆さんくれぐれも普段の使い方には気をつけて下さいね!

 

 

ゆるりチャンネル

Instagram

Facebook

ネット予約

GoogleMAP

 

 

睡眠不足について

皆さんこんにちわ!

我が国では、5人に1人が睡眠不足で悩まされていて、世界中から見ても睡眠時間が短い国として有名です。

1回や2回ぐらい短眠だったとしてもさほど体には大きな影響はありませんが、蓄積されればされるほど、体に悪影響を及ぼします。

では、具体的にどのようなことが体に起こるのでしょうか?

 

そんなこと知ってるよ!!と皆さん思う所もあるとは思いますが、復習だと思って聞いてください(笑)。

ストレス
ストレスは、心と体に大きな負担をもたらします。プレッシャーを抱え不安に駆られているとき、コルチゾールなどのストレスホルモンが放出されることによって全身が打撃を受ける可能性が非常に高いです。病気や高血圧、さらには制御不能な体重増加に陥りやすくなるので注意が必要です。一晩しっかりと休息を取ることで体はリラックスし、心は落ち着いてストレスが軽減され、一日中冷静でしっかりした判断ができるようになります。
 
免疫システムの脆弱化
夜眠っている間、体は一日の活動で受けた疲労から回復し、病気を引き起こすバクテリアやウイルスに対抗する為の準備を行います。これらの侵入者に対抗する体の防御機能の最前線にいるのが免疫システムで、様々な臓器と、白血球をはじめとする組織や細胞などが含まれます。十分な睡眠が取れないと、一晩のうちに免疫システムが生産できる抗体やサイトカインの量が制限され、病原体を撃退するための能力は低下し、より感染症にかかるリスクが増大します。

体重増加

睡眠は体の消化器系や新陳代謝、つまり私たちが食べたり飲んだりしたものを利用可能なエネルギーに変換する機能を促進します。新陳代謝が最適な状態にあるとき、体は昼も夜もカロリーを燃やし、身長に対して望ましい範囲内の体重を保つのを助けます。睡眠不足はこのプロセスを妨ぎ、新陳代謝が悪くなり、時間が経つにつれて体重増加を引き起こす原因となります。

 
認知機能障害
疲れているとき、人は頭がぼんやりし集中力が低下していきます。十分に眠っていないと認知機能に様々な形で障害をきたし、日常生活や人との関わりに影響を与えます。睡眠不足は目の前の課題に集中するのを難しくし、物事を思い出したり新しい情報を覚えておいたりすることも困難になります。その結果、職場で人為的ミスの発生源となる可能性が大きくなり、仕事の質にも悪影響を及ぼします。睡眠をより多く取ることは、仕事や学校でより良いパフォーマンスを発揮し、タイミングを逃さず合理的な判断を下すことができ、上手くコミュニケーションが取れるようになる要因の一つでもあります。
気分の変動
多くの人は、寝不足のときの自分は怒りっぽくなっていると言います。疲れていると人は不機嫌になり、イライラしたり過敏になったりします。これは、社交的な場で他の人の感情や反応をどれだけ上手く読み取れるかにも影響することがあります。長期的な睡眠不足は、深刻な精神疾患であるうつ病のリスクとなります。必要な睡眠を取ることは、生活全般における物の見方や感じ方に驚くほどの効果があります。
 
血圧上昇
血圧が高いということは、血液が動脈の血管壁を押す力が強くなり、圧力が大きくなりすぎていることを意味します。これは死につながる可能性もある心臓発作や脳卒中を引き起こす、大きなリスクとなります。睡眠不足は、特にストレスや不安が加わったときに血圧の上昇を助長する為、毎晩良く眠ることは全身の循環器系の健康を保つ主要な要素となっています。
 
慢性疾患のリスクの増大
体が必要とするだけの睡眠を取らずにいると、時が経つとともに悪影響を及ぼし、深刻で命に関わる病気に発展する可能性があります。夜眠っている間、体は心臓などの重要な臓器を修復し、体温や糖代謝などすべてを整えているホルモンはバランス調整され、免疫システムは今後に備えて防御機能の強化に取り掛かります。短い睡眠によるマイナスの影響は、心臓病や腎臓病、2型糖尿病などの慢性的な疾患を発症させるリスクを増大させる可能性があり、自分自身や家族の生活を変えるほどの影響を持ちます。
ざっくりではありますが、睡眠不足により様々なリスクが懸念されます。
人間は寝ないと活動できない生き物です。
元々、遺伝的に睡眠耐性があり短眠でも平気と言う方も稀にいますがごくわずかです。
意図的に睡眠時間を削り短眠になる人もいますが、後々に体に響いてきます。
そういった人達をショートスリーパーといい、逆に長時間眠る人をロングスリーパーといいます。
人それぞれのライフスタイルがあるので適切な睡眠時間をこれと明確に決めることは出来ませんが、世間一般的な7~8時間睡眠に寄せていく努力も必要かなと私は思います。
現代社会はストレス社会と言われています。
仕事や人間関係で悩みそれが不眠という形に繋がっていきます。
短眠や不眠になる前に体を動かしたり、何か趣味を見つけて楽しむことで、ストレスも緩和されるかと思います。
睡眠不足で悩んでいる方はゆるりのマッサージを受けて、リラックスしてみてはいかがでしょうか??

熱中症について

段々と日が差して来て、暑い日が増えてきましたね。

暑くなると熱中症になる人が増え、毎年と言っていいほど話題によくあがります。

そんな日常生活のなかでもなってしまう熱中症とはどういったものなのか。

簡単な説明ではございますが、皆様のお力になれたらなと思います!

 

まず、熱中症とは熱によって起こるさまざまなからだの不調のことをいいます。

暑さによって体温調節機能が乱れたり、体内の水分量・塩分量のバランスが崩れたりすることが原因です。

 

では、その要因とはなんなのでしょうか??

大きく分けて二つに分類されます。

 

環境的要因・・・高温多湿風が弱い日差しが強いなど

身体的要因・・・激しい運動により体内で沢山熱が産生される暑さに体が鳴れていない疲れや寝不足病気などで体調が優れないなど

 

このような状況が重なった時は非常に危険な状態と言えます。すぐにでも、状況を変える判断が必要になってきます。

 

 

そして、熱中症はその重症度によって三つに分類されます。

 

Ⅰ度・・・①めまい・失神

「立ちくらみ」という状態で、脳への血流が瞬間的に不充分になったことを示し、“熱失神”と呼ぶこともあります。

筋肉痛・筋肉の硬直
筋肉の「こむら返り」のことで、その部分の痛みを伴います。発汗に伴う塩分(ナトリウムなど)の欠乏により生じます。これを“熱けいれん”と呼ぶこともあります。

大量の発汗

 

Ⅱ度・・・①頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感
からだがぐったりする、力が入らないなどがあり、従来から熱疲労・熱疲弊と言われている状態。

Ⅲ度・・・①意識障害・けいれん・手足の運動障害
呼びかけや刺激への反応がおかしい、からだにガクガクとひきつけがある、真直ぐ走れない・歩けないなど。

高体温
からだに触ると熱いという感触です。従来から熱射病や重度の日射病と言われていたものがこれに相当。

 

Ⅰ度、Ⅱ度なら水分補給アイシング塩分補給をしっかりと行い、涼しい場所に移動すれば大抵は時間の経過とともに症状が安定してきます。

ただ、Ⅱ度でも自分で水分・塩分補給できなければ病院に連絡して救急搬送の対象となります。

 

Ⅲ度となると話は違ってきます。これは命の危険に関わる状態です。熱中症でなくなっているほとんどの方はこのⅢ度熱中症なのです。

 

スポーツをしている人やお年寄りの人たちは、症状が進行していることに気づかずに体が限界を迎えるまで放置してしまうのです。

 

亡くなってる方もこのケースによる事が殆どです。

 

なので、例え自分が熱くないから大丈夫だとか喉が渇いていないとか思っていたとしても、体は別物です。

 

喉が渇いていなくてもこまめに水分を摂り、涼しい場所に移動したりクーラーをつけるなどの工夫をしましょう。

スポーツ中の人も適度にスポーツドリンクを飲み、インターバルを設けるようにしましょう。

 

自分の体は自分で守らなければなりません。

しっかりとした対処法さえ頭に入れてあれば、熱中症かな?と思った時にスムーズに行動に移すことができます。

 

日本は年々気温が上昇傾向にあるので、これからますます熱中症にかかる方は増加してくるかもしれません。

 

そんな環境になっても健康な体を維持して毎日を過ごしたいものです!!

 

ネット予約

Facebook

Instagram

GoogleMAP

ゆるりチャンネル

 

腸腰筋の役割

今回は姿勢の維持に大切な腸腰筋についてお話していきます!

腸腰筋とは、上半身と下半身をつなぐ大切な筋肉です。

背骨の腰の辺りから始まる大腰筋と骨盤の内側の上部から始まる腸骨筋が組み合わさっており、骨盤を通り抜けて太ももの内側についています!

この二つを合わせて腸腰筋といいます。

そしてこの筋肉は深部腹筋群と呼ばれ、いわゆるインナーマッスルの部類に入る筋肉になります。

 

あまり難しく捉えず頭の片隅にでもおくつもりで聞いてください!(笑)

 

先ほど上半身と下半身を繋ぐ筋肉と言いましたが、その役目を担う唯一の筋肉でもあるのです!

腰をS字状にキープしたり、モモや膝を持ち上げる動きを行います。

更には、立位姿勢を保つ際に重力に抵う抗重力筋でもあります!

 

見えない位置にある筋肉なのでイメージが沸きづらいとは思いますが、姿勢プロポーションにかかわってくる筋肉で、速く走る為の筋肉としても最近注目を集めています!

 

それでは腸腰筋を鍛えるとどのようなメリットがあるのでしょうか??

体のバランスを維持する

良い姿勢をキープする

ヒップアップ、下っ腹が出るのを防ぐ

腰痛予防

モモを引き上げる力を強くし、速く走ることができる

などが挙げられます!

 

逆に腸腰筋が衰えたり、硬くなってしまうと

バランスが保つのが難しくなる

骨盤が歪み姿勢が悪くなる

お尻が垂れる

下っ腹がポッコリ出る

腰痛が出やすい

つまずきやすくなる

 

このような症状が出てしまいます!

 

少しでも似たような症状がありましたら注意が必要です!今からでも遅くはないので、自宅で出来るセルフストレッチをやってみてください!

特にデスクワークの仕事や立ち仕事など、腸腰筋に負荷のかかる仕事をされている方は意識的にストレッチをすることをオススメします!!

 

当院でも、腸腰筋が原因で骨盤に歪みが出てしまっている患者様が多数いらっしゃいます。

覚えておいて欲しいのは、歪みはマッサージだけではどうにもなりません。

しっかりと腸腰筋を伸ばすこと!そして、骨盤矯正をして骨組みを正しい位置に戻してあげることが大切になってきます!

このような治療を続ける事によって、姿勢は改善されていきます!

放置せず、しっかりと治療していきましょう!じゃないと、年数を重ねていくごとに体に不調が現れてしまいます!

 

股関節周りが気になる方も他の症状でお悩みの方は、良い機会だと思って自分自身と向き合ってみてはいかがでしょうか??

 

 

ネット予約

Facebook

Instagram

GoogleMAP

ゆるりチャンネル

 

 

肩関節周囲炎

肩関節周囲炎とは世間一般で言う四・五十肩のことで、肩関節の痛みと動きの制限を主症状とした病態の総称です。

主に50歳前後の中年以降の人に多く発症する為、四、五十肩という名で通っていますが、実は医学用語ではありません。正式名称は肩関節周囲炎です!!覚えておきましょう!

 

発症のプロセスはいまだ明らかではありませんが、肩関節周囲の筋肉、腱、靭帯、関節包、滑液包などの組織が加齢などにより炎症を生じることが要因と考えられています。

この炎症が起きる部位は、

肩関節の動きをよくする袋(肩峰下滑液包)、関節を包む袋(関節包)、肩の関節が上腕骨頭に着くところ(腱板)、腕の筋肉が肩甲骨に着くところ(上腕二頭筋長頭腱)などでよく起きるようです!

 

 

主症状は、肩周囲の痛みと動きの低下です。特に結髪・結滞・更衣などの日常生活動作が障害されます。夜間痛(就寝時の痛み)も特徴的です。

 

肩関節周囲炎の病期は、炎症期・拘縮期・回復期に分類され、症状もそれぞれの時期で異なりますので注意しましょう!

 

 

炎症期 (痛みがとても強い時期)

明らかなきっかけがなく、急速に強い痛みが生じます。多くの場合、安静時痛・夜間痛を伴います。

拘縮期 (肩まわりの動きが硬くなる時期)

強い痛みが和らいだのち、肩関節の動きが悪くなる「拘縮」へと移行する時期です。肩を動かした時に痛みを感じたり、動きの悪さから日常生活動作に不自由を感じることが多くみられます。

回復期 (症状が回復してくる時期)

運動時の痛みや運動制限が次第に改善する時期です。積極的なリハビリを行うことで、肩の動きの回復が早くなります。

 

自然に治ることもありますが、放置すると日常生活が不自由になるばかりでなく、関節が癒着して動かなくなることもあるので注意が必要です。

 

痛みが強い急性期には、三角巾・アームスリングなどで安静を計り、消炎鎮痛剤の内服、注射などが有効です。急性期を過ぎたら、温熱療法(ホットパック、入浴など)や運動療法(拘縮予防や筋肉の強化)などのリハビリを行います。

家でも気軽にできるリハビリは、コッドマン体操と言う振り子運動が最適です!

ダンベルなどの重りを持って前後・左右・円を描くようにそれぞれ10~30回を目安にやってみましょう。もちろん痛みが強いときは無理せず、少ない回数で調節してリハビリしてくださいね!

家にダンベルが無い方は、ペットボトルに水を入れて行ったり、アイロンでも代用できますので肩関節周囲炎でお悩みの方は是非試してみて下さい!

それでも改善しない場合は、手術(関節鏡など)の適用になることもあります。

 

おおよその完治の目安ですが、約半年~1年かかると言われています。

かなり長いので根気が必要ですね(笑)。

でも、しっかりとした治療を受けることで痛みの引き具合が大きく変わってきます!

 

痛みが強くなる前に一つでも当てはまることがあれば、早めに接骨院や整形外科での受診をおすすめします!

 

また当院でもこのような症状の方もリハビリに来ていますので、少しでもお体の悩みがありましたら、気兼ねなくいらっしゃって下さい!

 

ネット予約

Facebook

インスタ

GoogleMAP

六本木ゆるりチャンネル