シックスパックを作る食事法

先日、シックスパックのトレーニング法をあげたので、今回は栄養面に焦点を当ててお話をしていきたいと思います!

まず何と言っても大切なポイントは高タンパクで尚且つ低カロリーな食事を心掛けることです!!

いくら頑張って筋トレをしたとしても、筋肉がつきやすくなる食事を心掛けなければ、せっかく頑張って辛い思いをしたのが全部水の泡になってしまいます。

 

タンパク質を取って筋肉を作りながらも、低カロリーで体脂肪率の低下もサポートしていくのが狙いとなります!

そこで簡単に説明をしていきます!

 

タンパク質を多く含む肉類は、

牛ヒレ肉豚ヒレ肉豚もも肉鶏むね肉ささみレバー砂肝

魚介類であれば、

鮪(赤身)海老イカタコ

 

上記に挙げた食材はどれも高タンパクな食材です。手軽な食材なら、コンビニで販売されているサラダチキンゆで卵もおすすめ!お腹が空いたら、お菓子代わりにサラダチキンを食べる習慣を作っても良いかもしれません(笑)。

 

 

話は変わりまして、

 

身体はエネルギーが不足すると、筋肉を分解してエネルギーに変える働きを持っています。

そのためには、エネルギー不足に陥らないよう定期的なエネルギー補給が必要です。従って、食事は1日6食に分けるのがベストと言われています。

この食事法は、プロアスリートも取り入れているそうです。注意点として、6食ともしっかり食べるのではなく、3食分を6分割するぐらいの量を摂取しましょう!

ここでのポイントは、6食全ての食事のバランスが取れていることです。1食だけ炭水化物が8割だったり、ビタミンがなかったりすると、栄養吸収率も悪くなり、食事によるパフォーマンスの向上も無駄になります。

割合として、炭水化物5割タンパク質3割ビタミン類2割になるようにすると、効果的に栄養を吸収する事が出来るそうです!是非、このことを意識して食事をしてみて下さい!

 

また、水分の摂り方にも注意が必要です。トレーニングの最中を含め、水分は小まめに摂取しましょう!身体の約60%は水分で出来ているので、こまめに水分補給しないと身体の水分量が減少して脱水症状になってしまう可能性があります。

症状が進むと疲労感や筋力低下、筋肉の痙攣などを引き起こしてしまいます。また、水は体内の老廃物を排出してくれるため、新陳代謝も活発になっていきます。1日1.5リットル以上を目安に水を摂取して、身体の水分を効率的に循環させましょう。

 

最後に

トレーニング後の45分間は、筋肉を成長させるゴールデンタイムです!

このタイミングでタンパク質と炭水化物を中心とした食事を取れば、トレーニングによる筋肉の分解を抑えて、筋肉の合成を促してくれます!ゴールデンタイムの食事は、筋肉を最大限成長させてくれます。しっかりとした食事ではなく、プロテインバナナなどの高タンパクな食事を45分以内に摂取するよう心掛けてくださいね!!

 

時間を忘れて、うっかり食事するのを忘れたなんてことにならないように注意しましょう!

 

以上の事を頭に入れておけば、理想的なシックスパックを作るうえで参考になるかと思います。

偉そうにこんなこと書いていても、私自身このたるんだお腹をへこますことから始めないといけません(笑)。

全然説得力がないですよね(笑)。

 

シックスパックには程遠い男なのですが、六本木の女性に振り向いてもらえる様なそんな体を目指してこれからトレーニングしていきたいと思います!!!(笑)

 

 

シックスパック_トレーニング.jpg

 

六本木ゆるりチャンネル

インスタグラム

Facebook

パートナーストレッチ

クービック(ネット予約)