美容にいい食べ物と飲み物

最近、ゆるりでも毎週火曜日にフェイシャルエステをやりはじめたので、美容関連のことについてお話していきたいと思います。

 

①美容にいい食べ物

肉、魚、卵

肉や魚、卵には、動物性タンパク質やビタミン、ミネラルなどがバランスよく含まれています。

毎日の食事でしっかり摂っておきましょう。

ただし脂質も含まれるため、肉はもも肉やヒレ肉など脂身が少ない部位を選ぶことがポイントです。

焼く調理では油を使うため、蒸したり茹でたりするといいでしょう。

 

 

野菜、きのこ

野菜やきのこには、ビタミンが豊富に含まれています。

ビタミンAやビタミンEは脂溶性のビタミンで、油と一緒に摂ると吸収率が上がります。

にんじんやブロッコリーなどは炒めものにするといいでしょう。

またサラダのような冷たい料理より、火を通した温かい料理の方がおすすめです。

身体が温まることで血流が促され、新陳代謝も高まります。

海藻類

海藻類にはミネラルが豊富に含まれています。

1日50gを目安に摂るといいでしょう。

わかめは味噌汁よりは酢のものなどがおすすめです。

味噌汁は、味噌に含まれる乳酸菌を摂れますが、塩分が濃いため飲みすぎは生活習慣病の原因になる可能性がありますので注意しましょう!

大豆製品

豆腐や納豆などの大豆製品は、できる限り毎日摂りましょう。

タンパク質や脂質、ビタミンB1、ビタミンE、鉄、銅、亜鉛など様々な栄養がバランスよく含まれています。

さらに抗酸化作用がある大豆サポニン、女性の健康をサポートする大豆イソフラボンなども含まれており、美容に役立つ食べ物と言えます。

発酵食品

発酵食品には、腸内環境を整える善玉菌が含まれているため、便秘や下痢に悩まされている方におすすめです。

腸内環境が整うことで肌の状態が整いやすくなるため、エイジングケアとして取り入れることも可能です。

発酵食品には、納豆やヨーグルト、チーズ、味噌、キムチなどがあります。

 

②美容にいい飲み物

美容にいいと言われている飲み物はたくさんあります。

それぞれに含まれる栄養素と効果を詳しくみていきましょう。

緑茶

緑茶には、ポリフェノールの一種のカテキンが含まれています。

抗酸化作用を持つため、シミやしわ、たるみを防ぐのに役立ちます。

その他、ビタミンB1やビタミンB2、ビタミンCなども含まれているため美肌づくりにもおすすめです。

 

トマトジュース

トマトジュースには、抗酸化作用を持つリコピンが含まれています。

エイジングケアや美肌づくりにおすすめです。

トマトジュースには塩分が含まれている場合があるため、飲みすぎないようにしましょう。

また加熱すると吸収率が高まるため、料理に使うのもいいでしょう。

豆乳

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、ホルモンバランスの調整をサポートし、美肌づくりに貢献してくれます。

白湯

白湯には胃腸の調子を整えたり、身体を温めて新陳代謝を高めたりする働きがあります。

※美容効果が期待できる飲み物を飲むときは、次のようなことに注意しましょう。

 

ホットか常温で飲むこと

身体を冷やさないように、ホットか常温で飲むことが大切です。

成分による美容効果を得られても、身体が冷えてしまっては血流が低下して肌に十分な栄養が行き渡らなくなります。

こまめに飲む

一気に飲んでも継続的な効果は得られません。

特にビタミンCは身体に溜め込むことができないため摂りすぎた分は排出されます。

1日数回に分けて、こまめに飲みましょう。

 

飲みすぎないこと

飲みすぎは、水分や塩分、栄養素の過剰摂取に繋がります。

健康状態が悪くなる可能性もあるため適量を飲むことが大切です。

 

カフェインやアルコールは控える

カフェインやアルコールを含む飲み物は控えましょう。

アルコールは、肌の乾燥や炎症を招きます。

カフェインは摂りすぎると肌を刺激したり睡眠に悪影響を及ぼしたりします。

 

 

以上、簡単に説明してきましたが、女性だけでなく男性も覚えていて損はありません!

知っているのと知らないのとでは、毎日の食生活が変わってくると思うので、少しでも美容に興味がある方は、ご自身でもチェックしてみるのもいいかもしれませんね!

 

ゆるり整体整骨院六本木

03-3479-6088

営業時間:12時~23時(最終受付22時)
日曜休診
鍼・・・毎週金曜日 12時~21時
フェイシャルエステ・・・毎週火曜日 12時~18時