お正月も新宿店は営業しております!

本日は大晦日でございます。

皆さん今年は良い1年でしたか?

明日から新年のスタートですね!

ゆるり六本木店

お正月1/1、1/2、1/3、はお休みいただきます。が、

ゆるり新宿店は休まず営業いたします!

ゆるり新宿店営業スケジュール

1/1 水 12:00 ~ 20:00

1/2 木 12:00 ~ 20:00

1/3 金 12:00 ~ 20:00

 

24時間稼働中のネット予約はコチラをクリック

是非是非新宿店を宜しくお願いしまーす!

新宿 マッサージ おすすめ

年末年始営業のお知らせ

今年もあと少しで終わりですね!

さて、六本木ゆるりの年末年始の営業のお知らせです!

12/31までやりますよ~!!

まだ今年の疲れをとっていないそこのあなた!

疲れをとったはずだけど、まだ疲れが残っているそこのあなた!

別に疲れているわけではないけど、何をしようか迷っているそこのあなた!

どうぞ六本木ゆるりのネット予約でご予約どうぞ!

え?初めてのご利用ですか?

場所が分からない?

そんな方は下記クリックでGoogleマップでご案内です!

六本木 マッサージ 一番上手 ←(自称ですw)

 

はい、そんなこんなで年末年始のお知らせをしたところで、

雑談です。

最近近くのオシャレ店に飲みに行ってきました!

はい、パシャリ📷

オシャレな店内

オシャレな店員さん

オシャレなメニュー

ちょい飲みでしたが、ごちそうさまでした(⌒∇⌒)

いつもご利用いただいている患者様のお店です♪

お話を聞くと

六本木ヒルズやミッドタウンでお勤めの方のご来店も多く、近隣の方達で毎日いっぱいのご様子。

スクリーンなどもあり、貸し切りなどの使い勝手もかなり良さそうです!

ちなみに夏は屋上でBBQが出来るとか!!!

すんごいですね!

natural kitchen yoomi

港区六本木7-17-19-3F

03-6434-9430

 

皆さん、年末年始はあまり飲み過ぎないようにしてくださいね~(+_+)

六本木ゆるりのネット予約はこちらから!!

 

 

 

 

 

 

ジョーンズ骨折 

ジ ョ ー ン ズ 骨 折

 

聞きなれない言葉だと思います。

私は専門学校に3年通っていたのですが、この言葉を学校で始めて聞きました。

学校で習っていた時は

名前のカッコよさに名前だけ妙に気に入っていた骨折

ですね(*^^)v

 

少し解説していきます。

 

ジョーンズ骨折とは足の第5中足骨基部の疲労骨折のことをいいます。

第5?中足骨?基部?

何が何だかですよね?(笑)

1個ずつお話ししますね。

 

 

 

 

 

 

第5とは、、、

指を親指から数えて何番目にあるか。つまり第1は親指です。

じゃあ

第5は?  小指の事ですね。

中足骨とは、、、

足の甲ぐらいに位置する各指で分かれている骨の事です。

指の数と同じで片足に5個あります。

最後に基部とは

中足骨のどこの部分かを表しています。

指に近い部分から〈骨頭部〉〈骨幹部〉〈基部〉といいます。

よって基部とは中足骨の足首側に近い部分の事を指します。

 

その中足骨の基部は

力学的・解剖学的な観点から遷延治癒や偽関節に移行しやすく難治性であることが有名です。

簡単に言うと外からの刺激を受けやすく、構造的にも弱い為、治療が難しい骨折ですね!

骨折の治癒には新しい血液が必要になるのですが、骨折をしてしまう部位によっては、血管の配列上、血液供給が少なくなるケースがあり、血行障害が起こりやすくなってしまいます。

この第5中足骨基部は正しくそういう部位なんです。

基部が繰り返し刺激を受けて、骨折してしまう、疲労骨折。

続いてそんな動作でおこってしまうのか?

に移ります。

 

〈発生機序〉

長時間のスポーツ活動(ステップ動作やジャンプ、回旋動作など)

路面の硬いグラウンドやアスファルト、体育館での練習や急激な練習の増加でまず痛みが生じます。

そのまま我慢してスポーツ活動を継続していると

『ポキッ』と轢音がして発症することが多いです。

たまに、上記の様な前駆症状を伴わないケースもあります。

 

〈メカニズム〉

第5中足骨への直接的な荷重ストレスではなく、前足部外側荷重時に第5中足骨遠位端を支点とする介達的な伸延力が発生要因となることが多いです。

ちなみに、前足部荷重時に第5中足骨の長軸方向に対し、30~60度の角度で荷重した場合に、骨幹部近位に最大負荷がかかるとされています。

 

この角度での踏み込み

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど、ステップやジャンプ、切り返しなどのターンの際にこの角度になりやすいです。

 

なりやすい方の特徴として

かなり激多なスポーツ活動をされている方や

痛みがあっても運動を休むことが出来ない方など、

お体を酷使されている環境の方はもちろんですが、

環境だけではなく、お体自体の問題も出てきます。

お体自体の問題とは、特に足関節の可動域 (足首の柔らかさ) です。

足関節外反・背屈の可動性が少ない場合、下腿の外側傾斜に伴う動作で、足底全体での接地が保たれず前足部外側だけで体重を支える様になります。

例えば左へ動こうと左脚を前へクロスした際に後ろに残った右脚ですが、足首の可動性が少ないと足裏の内側が浮いてしまいます。そうなると、足裏の外側のみで体重を支える事になります。

足関節外反・背屈の可動性が大きい場合、このような時でも足底全体で体重を受けることができます。

 

足首の可動域が少ない場合

体重を支える面積が外側に偏る

 

 

 

 

 

 

足首の可動性が大きいと、、、

体重を全体で支えられる

 

 

 

 

 

 

以上のような発生機序やメカニズム、特徴などが重なり、ジョーンズ骨折が起こってしまいます。

もしそうなってしまった際の治療としては

やはり、まずは安静が大事です。

そして何より大切になってくるのが、スポーツ復帰後の再骨折を防止する事です。

リハビリテーションとして

第5中足骨遠位端部への荷重を減らしていく事が重要です。

可動域訓練や筋力訓練、

日々の運動やスポーツ動作の指導管理、時にはテーピングでの負担回避。

リハビリは正直かなり長期的で大変です。

そうなる前の医療機関へ受診、そこで指導やケアをしながらの予防が

やはりおすすめですよ^^

 

よく運動やお仕事で身体を酷使される方は

足首の可動域はとても大切なので、気になる方は

Googleマップを起動しよう!

⇓ ⇓ ⇓ ⇓

六本木 整骨院 怪我

 

 

冷えについて、思う事。

気温が下がり今日は朝早く関東地方にも、雪が降りました。

皆さん冷え対策してますか?

私達が生きる為には体温が必要、おそらく生命力の70%位が体温の維持に使われているそうです。

それなのにキンキンに冷えたビールや酎ハイで胃を冷やしている日本人が何と多いことか!     でも仕事の後の冷えたビールはたしかに美味しいデスヨね❗

最近の私は、冷えたビールは最初の一杯だけと決め(やっぱり飲むんかい(*_*)後は焼酎のお湯割りか赤ワインに決めています。

シルクの腹巻きが冷え対策に良いと聞いては、毎晩寝る時に使ってます。

朝の目覚めは白湯を飲む事から始め身体を中から温めています。便秘にも交換ありますよ! 日常飲む水分も温かいものを水筒に入れて、持ち歩いています。

冷えは万病の元といいます❗

体温が上がると癌細胞が死滅します❗

とにかく体温=生命力なのだから下げない習慣上げる習慣を付ける事が、大事だと思います。

皆さんも一緒に温活しましょう❗

ポキッと鳴らして欲しい。。。

初めて来られる方でちょくちょくいらっしゃいます。

「ポキッて鳴らすんですかココは?」

・・・

まずはこれをご覧ください。

・・・・

この頃の新垣結衣さん

特に可愛かったですよね(#^^#)

ポキッとポッキーをかけるおやじギャグに付き合わせてしまい誠にすみません!!

めちゃくちゃ話が脱線しましたわ。

それにしてもかわいい♡

 

はい、では本題に戻りポキッと鳴らすのかの

アンサーは、

 

ゆるり整体整骨院六本木はわざわざは鳴らしません。

 

しかし、施術の過程で結果的になる事はあります。

骨格を整えていきますからね(^^;

さてさて、あの音は一体何なんでしょうね?

みなさんが身近に経験するのは

指を引っ張って鳴る「ポキッ」かと思います。

あれは一体何の音なのか皆さんご存知でしょうか?

 

「骨と骨が当たってズレている音でしょ?」

そう!せいか、、、

違います!

正体は

関節の中にある気体がはじけている音です。

 

じゃあ骨はズレてないの?

ズレを戻しているからする音じゃないの?

じゃあ効果なんてあるの?

 

はい。あるんです!

効果を説明していきますね。

 

【関節の癒着(関節が固くなる)を和らげる効果】

音が鳴った時に気体がはじける訳ですが、その後の関節は容積が大きくなります。ゆとりができるって事ですね。なんと2倍以上に容積が拡大する様です(。ω。)ノ!

そうなると関節が緩み、その状態で関節を動かすような運動療法や関節周囲の筋肉や組織をマッサージすることで、非常に効率的で有効な手技とされています。

 

【鎮痛効果の上昇】

関節に付着している関節包には、体の各部位の感覚情報を体の司令塔である脳へ伝えるための組織(感覚受容器)が豊富に存在しています。

※関節包とは各関節を覆っている袋の事です。

その関節包へアプローチすることでその刺激が脳へ飛んでいき、それにより脳が治癒力の活性化などを認識し促進しようとします。

その結果、痛みを鎮めることに繋がります。

 

効果あるんですよいろいろと!

ただ、やはり注意点もございます。

 

【注意】バキバキの危険

バキバキすると気持ちいい

首をバキバキするのが癖なんだよね。。。

何の知識もないのに無暗にバキバキはとても危険な行動です。神経刺激の一種で、バキバキした後に一時的に痛みがなくなったり、感覚を麻痺させる効果もある為、ついついやってしまいがちですが、継続してしまうとあまり良くありません。

下記のデメリットがあることをしておいてください。

〇軟部組織や軟骨の損傷

クセになっている場合はいつの間にか少しずつ破壊活動を行っているケースがございます。

〇関節の不安定性(グラグラ感)の上昇

関節の支えが弱くなり必要以上に骨が大きくなったり、変形してしまったりが起こりえます。

〇神経のバランスが崩れる

感覚神経がマヒし、鈍感になってしまう可能性もございます。

痛み止めの飲み薬と一緒ですね。

 

ですので、特に皆さんに院選びで絶対に見極めて欲しいのはこの部分!

『なんかこの先生、鳴らすことにめっちゃ必死だな。。。』

そう感じたら、まず控えてみた方が良いかと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

辛さがひどいときは、自分だけで抱え込まず、

いつでも相談にきてください。

お近くの専門家はそんなあなたの相談を待っているはずです。

ちなみに、、、

六本木ゆるり整体整骨院はこんな場所にございます。

六本木 整骨院 整体

Googleマップからアクセスください。

院の雰囲気を知りたい方はインスタグラムで!

↓  ↓

#六本木ゆるり

 

 

 

 

 

肩甲骨剥がしと骨盤周りの筋肉を弛める♪♪

最近思うのですが、肩が辛い方は得てして肩甲骨が背中にびったり張り付いてなかなか動きません!!

また、例えば左肩が辛いという方は、左の腰周りも筋肉が緊張している場合が多いですね。

ですので、肩だけでなく腰も弛めてあげることで肩にも良い影響を与えると思います。全身ほぐし整処ゆるりでは足裏から始めでふくらはぎ➡大腿➡腰➡背中・肩と上がっていくのも、肩をほぐし易くする為♪♪という意味もあるのでしょうね。

腰はほぐすと同時にストレッチも掛けてあげると緊張していた筋肉が伸び、ラクになってきますよね♪♪股関節外旋六筋や大中小殿筋・梨状筋を丹念にほぐすと、かなり血流が良くなるのか、このあたりから寝ちゃうお客様がいらっしゃいます。(ふくらはぎあたりで寝る方もいらっしゃいますが・・・)

そして肩周りは肩甲骨に繋がっているいくつもの筋肉をほぐし、肩甲骨にぶら下がっている腕もほぐしてあげると、その次の段階の肩甲骨ハガシがやり易くなってきます。

あっ  お客様が来られた様なのでこのへんで

一度、全身ほぐし整処ゆるり六本木店にいらっしゃってくださいまし。。。

 

井上がお伝えいたしました♪♪

 

 

六本木で産後の骨盤矯正をお探しの方はこちら!

いきなりですが、

六本木は街を散策していると様々な方が行きかう街です。

スーツ姿の通勤の方
セレブそうなご夫婦さん
ランニング中の方
少しこわもてのお兄さん方
とてもスタイルの良い美女さん

などなど、、、

特にお散歩中のワンちゃんには思わず目が奪われちゃいますね!
かわいいですもん(^^♪

そんな大勢の中でも意外とお子様連れのママが結構いらっしゃいます。
お腹の大きいママも多々お見かけ致します。

六本木ゆるり にも時々お子様を連れてご利用される方もおられます。
まぁ、こちらが癒される(#^^#)

我々が
『お客様に癒しを!』を想い、いくら頑張ったとしても
チルドレンの皆には歯が立たない様な気がします。笑

それぐらい私はいつも癒されております(n*´ω`*n)

 

さて、話はそれましたが、何が言いたいかと言うと、

六本木には小さいお子様連れのママが意外と沢山いらっしゃる!

という事です。

ですので、

本日のお題

ママたちの産後の骨盤の状態

をカタカタしていきたいと思います。

 

しかし、わたくし:福田、

デスクワークは1時間が限界なので、急ぎ足で失礼しま~す<m(__)m>

 

【骨盤の形態】

骨盤とは、寛骨という3つの骨、それぞれ腸骨、恥骨、坐骨と呼ばれる骨と後ろっかわのある仙骨という骨で構成されます。

割と坐骨や仙骨辺りは皆さんに馴染みがある方もいらっしゃるんじゃないかと思います。

で、骨盤の役割・機能ですが骨盤のうちっかわにはとても大事な臓器がたーくさんあり、それを外部の刺激から保護する役割を果たします。

女性でいうと子宮や卵管などの出産にとても大切な臓器が含まれます。そして男性との大きなちがいは、女性の方が骨盤の広さが大きい構成になっております。

ん?なんでかって?

出産をする為です!!

更に出産時には女性ホルモンが分泌され、骨盤の各骨をつなぐ靭帯が緩まり骨盤が開きやすい状態になります。

出産時は赤ちゃんを産むために、脳からリラキシンというホルモンが分泌され、骨盤周辺の骨と骨を繋いでいる靭帯をゆるめて骨盤が開きやすい状態になります。

赤ちゃんが生まれてくるのを想像してみたください。

・・・・

ん~、あまり想像できない。という方はドラマなの出産シーンを想像してみてください。

赤ちゃん、結構大きいですよね。

その赤ちゃんがでてくるのですから、骨盤も相当広がるのは当たり前なんです。

 

【産後の骨盤の状態】

お子さんを生んだ後も骨盤は当然緩みっぱなしです。

もちろん多少は固定されますけどね。

骨盤が開いた状態だと、どうしても骨盤に付着する筋肉たちは正常に働かなくなってしまいます。

そして、いつもの何気ない動作、

洗濯を干したり、料理をしたり、お風呂掃除をしたり、、、

その動作で変な筋肉の使い方を反復動作してしまう。

それが筋肉を余計硬くしてしまい、どんどん骨盤もゆがんでいってしまいます。

それが良く聞く

『この子生んだ後に何かスタイルが変わっちゃったんだよねー』

の状態になってしまいます。

特におしりや太ももの容量UP、つまり下半身太りのおカラダになってしまいます。

一番の要因は、お腹が大きい状態が長く続くのが妊婦さんです。

骨盤はどんどん前側に傾いていってしまいます。お腹を突き出す様な姿勢になる事がほとんどです。そうなると腰とお尻の筋肉に負担がかかり続け、筋肉が固くなっていきます。

骨盤が前側に傾いてしまうと(前傾といいます)次いで股関節がどんどん外側に捻じれるような外旋という形を作り出します。いわゆる、がに股やO脚です。

それにより太ももの外側の筋肉ばかりに負担がかかり続け、太ももの外がどんどん太くなっていきます。それが足太りの正体です。

先ほどもお話しした通り、何もしなくても数ヶ月かけて少しずつ骨盤は固定されていきますが、出産で歪む前の骨盤状態になるのは、ホントに少数の方たちです。

もちろん筋肉を変な使い方をしなければ、多少は骨盤のゆがみを防ぐことは出来ると思います。

ただ、もう既にご出産されている方なら特にお分りだと思いますが、

出産されてから、もうその瞬間に、ママは育児という戦争の始まりです。

・おしめを替える・授乳・お風呂入れ・抱っこでの移動・夜泣き などなど

ママに休日はありません。

育児は肉体労働の最大手、睡眠も不規則になりメンタル的に身体的にもきついんです。

 

【じゃあどうすれば良いの?】

産後の骨盤は自然にはなかなか、元の状態にはもどりません。

なので!!

定期的にプロがケアしないと本当にいけないと思っています。

最初は骨盤の調節をしたとしても

骨盤は1週間ほどでほとんどが今までの癖でゆがんできます。

なので最初は最低:週1回の施術が必要です。

定期的にチェックして、調節して、を反復すると、だんだん体が正しい骨盤の位置を覚えてくれます。人間のカラダって素晴らしいですね!

人は普段立っている状態でも筋肉を無意識に働かせている状態です。

大腿四頭筋、ハムストリングス、大殿筋、中殿筋、腓腹筋、前脛骨筋、

などなどその他にもたくさんの筋肉を作用させて立っている状態:立位というものが成り立ちます。

しかし、皆さん立っている状態の際にこんなにたくさんの筋肉を意識的に使っている方はいないと思います。

そう。無意識に使えているのです!!

この状態を骨盤を支えている筋肉たちにも覚えてもらう事が必須!

その作業が定期的な骨盤のチェックと矯正です。

そこで当院、ゆるり整体整骨院六本木 は

休みなしの忙しいママさんの

「施術を受けやすい」

「治療を続けやすい」

を目指して、診療時間、施術時間、お値段を設定しております。

 

『子育ては休めないんだよっ!!』

そんなお声に応えるために!

ゆるり整体整骨院六本木 はそんなママさんを

これからも全力でサポートしています!!

ゆっくり全身の施術や足つぼを受けたい方はこちら!

ほぐし処ゆるり オンライン予約ページ

 

六本木 産後骨盤矯正

上をクリックでGoogleマップで分かりやすく来れるかと思います(^▽^)/

筋トレを始めて5か月(^^)

みなさんこんばんわ♪

筋トレを始めて五か月が経ちました。。

腰のダルさやコリはモチロン軽減しましたし、以前は筋トレを行った後の三日間くらいは調子が良くても、四日目辺りからまたダルさやコリを感じていましたが、最近では一週間を通して、そのダルさが出てこなくなりました♪♪♪

腰回りの筋肉がほどよく鍛えられて、維持しているのではないでしょうか。

一週間に一度だけですが、これも続けることで成果がでてきております。

ハイ♪♪(^^)

週に一回三時間

一日のお休みのなかの三時間は、なかなか取りにくいかもしれませんが、是非みなさんもやっていただきたいと思います。。

腰がラクになると気持ちまでラクになってきますね。。

それにもうひとつ、肩までラクになってきましたよ!!!!

仕事にも集中できるし、皆さん是非筋トレを。

井上でした。。。

姿勢を分析する事は新しい発見!!

姿勢分析について。

 

東京港区六本木にありますよ

ゆるり整体整骨院 六本木!

姿勢を分析する器具を使い、姿勢分析を行っています。

 

普段はなんとなく正面からの写真を撮ることが多いと思いますが、

当院では痛みの原因が姿勢の写真で発見できるというところの観点から治療の始まりです。

 

大抵どんな方でも初めての時は姿勢分析写真を撮りますが、後ろ向きの自分の姿勢、シルエットを見て

 

『うそ?恥ずかしい。。。』

 

という方が多いです。

女性だけではなく男性も

 

『えっ?こんな歪んでんの?』

 

とか言われる方もいます。

 

今回はこんな方がいらっしゃいました。

院へいらっしゃった時に

 

「定期的にジョギングなどしているのですが、どうも腰の痛みがとれないんですよね。それも左だけ。」

 

実際触診してみると、かなり左腰の筋肉に硬く筋緊張が出ています。

そこで

姿勢分析の出番です。

 

姿勢を撮ったお写真を見ると、完全にはっきり目で見てわかるくらいに身体が左に寄っています。

 

『ジョギングをすると時々はマシになるんだよね』

 

ということでした。偶然たまたま良くなる時はそれでいいのでしょうが、

せっかく当院に来ていただいた限りは根本的に何故左腰だけ負担がかかってしまう事を知ることが醍醐味!

当院に来て根本わからずに帰ってはいけません!!

脚の長さが違う。骨盤のゆがみ。体の使い方の指導。などなど

姿勢の矯正をメインの目的に腰を治療。

 

筋肉量がUPこそしないが5回あれば筋肉の使い方を体が覚えてくるであろう、という判断から

昨日5回目、左寄りの体がまっすぐになった写真をみてもらうと

嬉しそうな笑顔で、

『仕事の合間をぬって定期的に通わねば』

とおっしゃってくれました(^^)

 

まあ、最初の姿勢が本人からすると驚愕の姿勢だったと思われるので

姿勢が改善されると『嬉しい』かと思います。

実際、私:フクタも嬉しく、それが治療家として整骨院で仕事させてもらっている醍醐味でもあります!

 

自分が知らないところに根本の痛みの原因があることの発見。

そしてその根本が治った時に他の不調も消える可能性が高いんです。

姿勢分析の台に乗る、、、その行為で

体の不調がそのまま出ますね!ほとんどが!

 

自分の習慣や、知らなかった癖、そして行動が普段の姿勢に全部でます。

 

一度自分の姿勢をとって思ってたのとちがーう!というのも経験して見てください!

時々

「どうせ歪んでいるでしょ?知ってる知ってる」

と自覚されている方もいらっしゃいますが、自分で歪んでいる場所や歪み方が実際は違うケースも多々あります。

自分が思っている歪みと隠された専門家しかわからない隠れ歪みを見つけて、お身体の痛みや、不調を発見し、治していきましょう。

最近はトレーニングブームですので、

ジムなどでのトレーニングと併用してもらうと

効果も出やすいですよ!

六本木 整骨院

グーグルマップで快適にアクセスしてくださいね!

胸郭出口症候群

手が痺れる?

腕が異様にだるい?

.

それってもしかしたら

胸郭出口症候群かも!?

.

胸郭出口症候群…..

なんだよそれ?と思う方が多いと思います。

胸郭とは 胸を囲っている。という意味で、胸をかこう骨格のことをいいます。

症候群とは、同時に起こる1郡の症状のこと。

つまり胸郭出口症候群とは

「胸を囲っている骨格」の「出口」に起きる「1郡の症状」のことを指します。

 

神経や血管が、頭つまり脳から腕に通っていきますが、その途中に「胸郭の出口を通って行くのですがその際にその出口部分で神経・血管が圧迫されてしまう。。。

想像すると何か辛そうですよね。

 

でも、出口ってどこやねーん?

 

って思う方もいますよね。

 

圧迫されやすい部位、つまり出口のことを指すのですが、

 

・斜角筋(首の前〜横)

・小胸筋(胸の筋肉)

・鎖骨と肋骨の間(デコルテ近辺)

 

で圧迫されやすいと、されています。

 

起きやすい人のタイプとしては

・なで肩  ・首の長い人   ・細身 ・筋肉量の少ない人

 

上記の特徴があげられ、

女性に多いとされています。

 

六本木ゆるりでは

 

少し症状としてあやしいな?

もしかしたら?

 

と感じる方に対しては

簡単な評価法で調べさせていただき、その症状にあった施術やアドバイスをさせて頂いております。

 

特に日頃の姿勢もかなり大事になってきますので、

姿勢の改善も予防につながります。

 

もちろん症状に合わせて、別の機関へ。

というアドバイスも出来るように、日々勉強、練習に取り組んでおります!

 

 

安心してお越しくださいね。

 

六本木 マッサージ

 

上記クリックでグーグルマップで簡単アクセス!