ジョーンズ骨折 

ジ ョ ー ン ズ 骨 折

 

聞きなれない言葉だと思います。

私は専門学校に3年通っていたのですが、この言葉を学校で始めて聞きました。

学校で習っていた時は

名前のカッコよさに名前だけ妙に気に入っていた骨折

ですね(*^^)v

 

少し解説していきます。

 

ジョーンズ骨折とは足の第5中足骨基部の疲労骨折のことをいいます。

第5?中足骨?基部?

何が何だかですよね?(笑)

1個ずつお話ししますね。

 

 

 

 

 

 

第5とは、、、

指を親指から数えて何番目にあるか。つまり第1は親指です。

じゃあ

第5は?  小指の事ですね。

中足骨とは、、、

足の甲ぐらいに位置する各指で分かれている骨の事です。

指の数と同じで片足に5個あります。

最後に基部とは

中足骨のどこの部分かを表しています。

指に近い部分から〈骨頭部〉〈骨幹部〉〈基部〉といいます。

よって基部とは中足骨の足首側に近い部分の事を指します。

 

その中足骨の基部は

力学的・解剖学的な観点から遷延治癒や偽関節に移行しやすく難治性であることが有名です。

簡単に言うと外からの刺激を受けやすく、構造的にも弱い為、治療が難しい骨折ですね!

骨折の治癒には新しい血液が必要になるのですが、骨折をしてしまう部位によっては、血管の配列上、血液供給が少なくなるケースがあり、血行障害が起こりやすくなってしまいます。

この第5中足骨基部は正しくそういう部位なんです。

基部が繰り返し刺激を受けて、骨折してしまう、疲労骨折。

続いてそんな動作でおこってしまうのか?

に移ります。

 

〈発生機序〉

長時間のスポーツ活動(ステップ動作やジャンプ、回旋動作など)

路面の硬いグラウンドやアスファルト、体育館での練習や急激な練習の増加でまず痛みが生じます。

そのまま我慢してスポーツ活動を継続していると

『ポキッ』と轢音がして発症することが多いです。

たまに、上記の様な前駆症状を伴わないケースもあります。

 

〈メカニズム〉

第5中足骨への直接的な荷重ストレスではなく、前足部外側荷重時に第5中足骨遠位端を支点とする介達的な伸延力が発生要因となることが多いです。

ちなみに、前足部荷重時に第5中足骨の長軸方向に対し、30~60度の角度で荷重した場合に、骨幹部近位に最大負荷がかかるとされています。

 

この角度での踏み込み

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど、ステップやジャンプ、切り返しなどのターンの際にこの角度になりやすいです。

 

なりやすい方の特徴として

かなり激多なスポーツ活動をされている方や

痛みがあっても運動を休むことが出来ない方など、

お体を酷使されている環境の方はもちろんですが、

環境だけではなく、お体自体の問題も出てきます。

お体自体の問題とは、特に足関節の可動域 (足首の柔らかさ) です。

足関節外反・背屈の可動性が少ない場合、下腿の外側傾斜に伴う動作で、足底全体での接地が保たれず前足部外側だけで体重を支える様になります。

例えば左へ動こうと左脚を前へクロスした際に後ろに残った右脚ですが、足首の可動性が少ないと足裏の内側が浮いてしまいます。そうなると、足裏の外側のみで体重を支える事になります。

足関節外反・背屈の可動性が大きい場合、このような時でも足底全体で体重を受けることができます。

 

足首の可動域が少ない場合

体重を支える面積が外側に偏る

 

 

 

 

 

 

足首の可動性が大きいと、、、

体重を全体で支えられる

 

 

 

 

 

 

以上のような発生機序やメカニズム、特徴などが重なり、ジョーンズ骨折が起こってしまいます。

もしそうなってしまった際の治療としては

やはり、まずは安静が大事です。

そして何より大切になってくるのが、スポーツ復帰後の再骨折を防止する事です。

リハビリテーションとして

第5中足骨遠位端部への荷重を減らしていく事が重要です。

可動域訓練や筋力訓練、

日々の運動やスポーツ動作の指導管理、時にはテーピングでの負担回避。

リハビリは正直かなり長期的で大変です。

そうなる前の医療機関へ受診、そこで指導やケアをしながらの予防が

やはりおすすめですよ^^

 

よく運動やお仕事で身体を酷使される方は

足首の可動域はとても大切なので、気になる方は

Googleマップを起動しよう!

⇓ ⇓ ⇓ ⇓

六本木 整骨院 怪我

 

 

姿勢を分析する事は新しい発見!!

姿勢分析について。

 

東京港区六本木にありますよ

ゆるり整体整骨院 六本木!

姿勢を分析する器具を使い、姿勢分析を行っています。

 

普段はなんとなく正面からの写真を撮ることが多いと思いますが、

当院では痛みの原因が姿勢の写真で発見できるというところの観点から治療の始まりです。

 

大抵どんな方でも初めての時は姿勢分析写真を撮りますが、後ろ向きの自分の姿勢、シルエットを見て

 

『うそ?恥ずかしい。。。』

 

という方が多いです。

女性だけではなく男性も

 

『えっ?こんな歪んでんの?』

 

とか言われる方もいます。

 

今回はこんな方がいらっしゃいました。

院へいらっしゃった時に

 

「定期的にジョギングなどしているのですが、どうも腰の痛みがとれないんですよね。それも左だけ。」

 

実際触診してみると、かなり左腰の筋肉に硬く筋緊張が出ています。

そこで

姿勢分析の出番です。

 

姿勢を撮ったお写真を見ると、完全にはっきり目で見てわかるくらいに身体が左に寄っています。

 

『ジョギングをすると時々はマシになるんだよね』

 

ということでした。偶然たまたま良くなる時はそれでいいのでしょうが、

せっかく当院に来ていただいた限りは根本的に何故左腰だけ負担がかかってしまう事を知ることが醍醐味!

当院に来て根本わからずに帰ってはいけません!!

脚の長さが違う。骨盤のゆがみ。体の使い方の指導。などなど

姿勢の矯正をメインの目的に腰を治療。

 

筋肉量がUPこそしないが5回あれば筋肉の使い方を体が覚えてくるであろう、という判断から

昨日5回目、左寄りの体がまっすぐになった写真をみてもらうと

嬉しそうな笑顔で、

『仕事の合間をぬって定期的に通わねば』

とおっしゃってくれました(^^)

 

まあ、最初の姿勢が本人からすると驚愕の姿勢だったと思われるので

姿勢が改善されると『嬉しい』かと思います。

実際、私:フクタも嬉しく、それが治療家として整骨院で仕事させてもらっている醍醐味でもあります!

 

自分が知らないところに根本の痛みの原因があることの発見。

そしてその根本が治った時に他の不調も消える可能性が高いんです。

姿勢分析の台に乗る、、、その行為で

体の不調がそのまま出ますね!ほとんどが!

 

自分の習慣や、知らなかった癖、そして行動が普段の姿勢に全部でます。

 

一度自分の姿勢をとって思ってたのとちがーう!というのも経験して見てください!

時々

「どうせ歪んでいるでしょ?知ってる知ってる」

と自覚されている方もいらっしゃいますが、自分で歪んでいる場所や歪み方が実際は違うケースも多々あります。

自分が思っている歪みと隠された専門家しかわからない隠れ歪みを見つけて、お身体の痛みや、不調を発見し、治していきましょう。

最近はトレーニングブームですので、

ジムなどでのトレーニングと併用してもらうと

効果も出やすいですよ!

六本木 整骨院

グーグルマップで快適にアクセスしてくださいね!

お子さんの股関節の痛み

小さいお子様がいらっしゃるようでしたら

一度これに目を通しておいていただきたい。

 

本日は小さいお子様(小児)に関するお話しです。

小児股関節 股関節 痛い

 

単 純 性 股 関 節 炎

 

小児の股関節痛で最も多い。とされています。

原因は色々と諸説がありますが、未だはっきりとはされていません。

しかし、特徴としては

発生好発年齢 3~10歳 (特に6,7歳に好発)

男女比 3:1~5:1 と男児に多い

後遺症は特になし

大体が片側性 (片方の脚に出現)

という特徴があります。

 

お子さんが訴える症状としては

大腿部(太もも)の前内側~膝にかけて疼痛出現

疼痛回避性破行を呈す (痛みをかばいながらの歩行)

具体的には患側の脚を外転位で歩く (痛い側の足が外へ開いた状態で歩く)

股関節屈曲位での内旋制限

仰臥位にて軽度外転、屈曲位になる

↑あおむけにて痛い側の脚が軽く開きながら浮いている。

風邪などの上気道感染が前駆症状となることが多い

軽い外傷の後に発症することも有り

など、股関節の疾患なのですが、股関節以外の部分に症状として現れることもあるので注意が必要です。

 

そして重要になってくるのが、画像診断について。

X-P(レントゲン)での骨異常は特になし。

股関節の内転制限が有る為、見た感じだけでは下肢短縮があり、骨盤傾斜を認めるケースもあります。

エコーでの検査では関節液の貯留が認められます。

 

治療としては

安静 (1~2週間程)

体重をかけない様にする

症状が重いケースだと入院しベッドの上で安静にしながら患肢の介達牽引を行います。

その際に薬の服用はなし。

↑上記の様な治療がメインです。

 

そうなんです。

非常に診断の難しい疾患なんです。

 

例えば、

運動会の後に太ももや膝が痛い、、、

風邪で熱が出ているだけなのに股関節が痛い、、、

 

もし、ご家族のお子さんが怪しい。と思ったら

念の為に、体重をかけさせない様に安静。

→数日~1週間ほどで症状が軽減すれば大丈夫ですが、

症状がひどくなったり、悪化する様でしたら

速やかに医療機関にかかりましょう!

 

大がかりな病院へいくのは少し気後れする、、、

ともし思われるなら、

いつでもご相談してくださいね(^^)

六本木の ゆるり整体整骨院
いつでもあなたの見方です!
あっ漢字をミスですね。
味方です(^▽^)

整骨院とは?

こんにちは。

六本木の交差点にある

整骨院&リラクゼーション店、

六本木ゆるりだよ~!!

はい。少しテンション高めに入りましたがが

いたって正常です(^▽^)(笑)

 

ところで、、、

よく言われます。。。

「整骨院て結局何?」

「整骨院って何する所?」

「何をやってっくれるところなの?」

 

そうですよね~

少し謎ですよねー

なので、本日は

整骨院で提供されているモノ、

つまり何をウリにしているのかご紹介させて頂きます。

まずは症例別に、

関節の捻挫

「捻挫」と聞くと、一般的には段差で足をひねった、だとか、階段でけつまずいて起こした「捻挫」を想像する人が多いかもしれませんが、他にも「ひじ」であったり「ひざ」「肩」などの関節をひねってしまったようなものも「捻挫」です。

朝起きてなんだか首から肩にかけて痛い…といった「寝違え」も「捻挫」ですし、ある日突然起こる腰の激痛を伴う「ぎっくり腰」も「捻挫」の一種ですね。

 

肉離れ(筋肉の痛み)

「肉離れ」というと、スポーツ選手などがよく起こしているイメージですが、これも日常的に起こる症状です。

眠っているときに突然「こむらがえり」という状態になった場合など、しっかりケアしておかないと「肉離れ」の状態にまでなってしまうことがあります。

起こる場所は「ふくらはぎ」や「太もも」、「わき腹」や「腕」の筋肉の場合もありますね。

正式には「〇部挫傷」「筋挫傷」といわれます。

ちなみに軽く筋肉を傷めてしまう事も「挫傷」と言われます。

 

打撲(打ち身)

これも日常的によく起こるものですね。

年齢を重ねると、思ってもいないところでどこかぶつけたり、といったことが増えますので、そういったときには速やかに「整骨院」にいきましょう。

よくあるのが、足の小指をタンスや棚の角にぶつけてしまうケース。。。

痛いですよね~

じつはアレ、実は骨折していました。

なんてケースも結構あるので痛みが強い、引かない様でしたら絶対に医療機関、整骨院にいきましょう!

 

骨折・脱臼

スポーツをしていて、また日常生活の中で「骨折」や「脱臼」を起こしてしまったときにすぐ「整骨院」に行くこと、これは速やかにできるだけ元のように動かせる状態に回復させていくのに効果的です。

基本的には整骨院の先生たちは「骨折・脱臼」に専門的な職業です。

あれ?意外と知りませんでしたか?

私も勉強、臨床の経験を積むためにスキー場のゲレンデ整骨院へ住み込みで勤務していた事があります。

ただし外傷を伴っていたり手術を必要とするような症状は処置できない場合があります。

整骨院で処置してもらった後はその先生の指示に従い、病院へいきましょう。

整骨院で骨折や脱臼の治療管理やリハビリは病院のドクターの同意が必要になります。

などがメインとなりますね!

 

しかし、最近は実費・自費にて行うメニューも増えてきました。

『美容』にいいメニューやリラクゼーションメニューなどです。

 

骨盤矯正によるダイエット・姿勢改善

骨盤は体のリンパの流れや基礎代謝に深く関わっており、

きちんと骨盤を整えることで滞りを無くし、

むくみが改善され、ダイエットにも効果的です。

女性の場合は、出産により骨盤の歪みやズレが出現し、これが正常な状態に戻せていないと体型が崩れる原因にもなります。

この場合は特に骨盤矯正が必要な状態です。

これを産後骨盤矯正と呼びます。

 

O脚・X脚の矯正

生まれつきの先天性の方もいらっしゃいますが、筋肉の硬さや関節の負担のかかりすぎで、発生しているケースも多いです。

しっかりと整えてあげることで歩行時の負担や膝の変形を防止することに繋がります。

 

疲れを癒すマッサージメニュー

日々のストレスや疲れは仕事の生産性ダウンの一番の原因。

効率よくお体をケアして、日々のお仕事に挑むのも出来る男・女の象徴です!

 

 

六本木ゆるりでは

痛みや歪みを取り扱う整骨院、

全身もみほぐしなどを提供するリラクゼーション、

2つが併設しているので、その方それぞれのカラダに合わせ

様々なメニューをご案内させて頂いております。

日々、スタッフ一同、皆様にとって

オーダーメイドの施術をご提供できるよう奮闘中です。

何かお困りの際はいらしてみてくださいね(^^)

 

六本木 整骨院

   ↑

上記をクリックしてもらうと迷わず来られます。

五十肩?四十肩?

六本木交差点にあるゆるり整体整骨院六本木

 

最近、肩が上がらない。と訴える方の来院が少し増えてきました。

 

はい。本日は、四十肩、五十肩についてお話ししたいと思います。

 

実は、、、、

四十肩、五十肩は病名でも診断名ではない!

 

ただ、四十歳や五十歳ぐらいの年齢になると起こる方が多いのでそう呼ばれているだけで、

肩関節周囲炎 と診断されることが多いかと思います。

簡単に言うと、肩関節周囲に起こる炎症だからです。

別名:フローズンショルダー

カッケーですね。

凍結型。ともいいます。

では、いったいどういう病態かというと、肩関節は肩甲骨と上腕骨(二の腕の骨)からなる関節で、腕の重さを腱板と言われる筋肉群が支えています。

しかし、年齢を重ねるごとにその支えている筋肉たちがすり減り、弱くなっていきます。

 

そうすると、支えてきている筋肉たちが炎症をおこし、痛み出します。それが炎症期です。

その時期は夜間痛(夜寝ている際に起こる痛み)が有ったりして、眠ることさえできないこともあります。

この時期には病院で肩に注射を打ってもらうのも手です。

整形外科さんに頼めば打ってくれると思います。

この六本木周辺でしたら近くに那須整形さんがありますね。

六本木 整形外科 那須整形外科医院

痛み止めと抗炎症の作用があるやつですね!そうするとこの炎症期の短縮化につながります。

ブスッと一発注入です!

そうすると割と楽になり、動かせなかった肩が少し動くようになるので、日々の生活でも動かせるようになっていきます。

逆に何もせず、痛いからと言ってそのまま放置すると、、、

ず~っと放置して肩を動かさなくなるために、炎症期が抜けても関節や筋肉が拘縮しちょっと動かすと痛いという状況になります。

 

これが凍結肩いわゆる、フローズンショルダーと言われる状態です。そうなってしまうと、なおるまでに、数年かかる方も出てきます。

 

そうなってくると治療も根気強く行っていく必要があります( -_- ; )

 

では、そうならないためには日ごろから肩甲骨を意識して動かしてほしいのです。

肩甲骨を動かすことで、肩関節の動きのサポートになります。常日頃から肩甲骨を動かす習慣を身につけましょう。

肩甲骨と肩の関節は密接に関係してきます。

肩甲上腕リズムというのがあり、

肩の関節を〇度動かすと、肩甲骨が〇度、外に傾く。という構造になっています。

なので肩甲骨を動かすことは大事なのです。

 

「でも仕事で腕はいっぱい使ってるんだよなー」

「結構重い物をもってて動かしてるよ・・・」

 

はい。そこの読んでくれていあなた!

 

肩関節をよく動かすという運動は何かに「ぶら下がる」とか

ボルダリングをした!

ヨガでかなり腕を開いたポーズを取った!

とかぐらいやって初めて「動かしました」と言えます。

 

人間の祖先?のチンパンジーやオランウータンのように

木から木へ飛び移ったりできるようにかなり動く範囲の広い関節が肩関節です。

靭帯最動の関節が肩関節です。

だから股関節のように骨のくぼみにはまっていなく、ほぼ何も骨に囲われていません。

その固定の無さを補っているのが筋肉や腱板と呼ばれる筋肉群で

その筋肉が固まってしまうとたちまち、肩の関節も固まってしまいます。

ですので、日頃からこういった運動を心がけ、予防していきましょう!

 

もし、なってしまったら・・・

 

リハビリ、根気強くお付き合いさせていただきましょう!( ̄▽ ̄)♪

六本木 整骨院

上記クリックで迷わず来られますよ!

【必見!クーポン有!】六本木で整骨院をお探しの方はこちらへ

六本木交差点にある整骨院とは?

ゆるり整体整骨院 六本木 の福田です。

ケガや体の痛みにアプローチする整骨院

日頃のお仕事による疲れや辛さに癒しを提供するリラクゼーション施設

2つの施設が併設する総合的に体をメンテナンスする場所が

六本木ゆるり でございます。

その整骨院のクーポンがコチラ!!

エキテンクーポン!!です。

 

初検時に発生する姿勢分析料¥1210の負担をなくし、

通常¥2410が→¥1200 で!!

初検料をお得に出来、しかも次回からも金銭的な負担がガクッと下がります。

もちろんお体の負担もガクッとなくそう!と日々奮闘中です。

是非、こちらをご覧になってお越しくださいませ。

※来店時にもスタッフに画面をご提示くださいね!

 

低周波治療器 ESPURGE

低周波 とは

周波数の低い電気の事です。

ゆるり整体整骨院 六本木 で使っている治療機器は

小型にもかかわらず、3つの治療機能が搭載している優秀機器でプロトレーナーさんも愛用するスーパー治療器です!

〇TENSモード  リズム感のある電気刺激で筋肉の硬さを取り除く

〇EMSモード  低下した筋力の強化

〇MCRモード  痛みにより乱れてしまった体内の電流環境の整善

患者さんのおカラダの状況に合わせ3つの治療モードを使い分けます。

 

Google

六本木 整骨院

上記クリックでお問い合わせやアクセスに大変便利です。

 

もしもあなたが、交通事故に巻き込まれたら・・・

 

こんにちは。

東京港区にある六本木 その六本木の中心、六本木交差点にある ゆるり整体整骨院 六本木  の福田です。

最近、私の母が交通事故に遭ってしまいました。

ちなみに

すごい数の事故が起こってますね。

 

深刻そうに書いてしまいましたが、

大事には至らず、軽い衝突でしたので、幸いでした(^^;

 

しかし母のお話を聞いていると、

軽く当たっただけなのに、瞬間にして、怖い想いがこみあげて来て

体ががくがく震えだし、体が言う事を効かない状態になってしまった様です。

 

やはり、事故に遭ってしまったら、もう何が何だか分からなくなり、

冷静さが失われる方が非常に多く見受けられます。

 

今回、身内がこのような状態になってしまい、少しでも同じような方のお力になれれば、と思い、

交通事故に巻き込まれたら。と想定して、どのように動けばいいかを

簡潔にご紹介したいと思います。

 

もし自分が交通事故の被害者になってしまったら・・・(一番多いのはむち打ちになるケースですね)

 

もちろんあってはならない事ですが

そうなってしまったことの事を考えるのも大事です。

当店の前には六本木交差点があり起こってはいけないことですが交通事故が時々起こっております。

病院へかかるのも、もちろん大丈夫ですが、私が整骨院のスタッフですので、

本日は#交通事故 にあってしまった時の整骨院のかかりかたについて

少しご紹介します。

 

まず第一に

ご自身の状態を確認。

もし、かなり深刻な状態の時は、そもそもご自身で何も出来ないかと思いますので

そのケースはココでは除外させていただきます。

 

まずは

加害者の確定。

相手の方がどのような方かをこちらで把握しておく必要があります。

相手方の免許証を見せてもらって、住所氏名を確認しましょう。

そして、 加害車両のナンバープレートをメモ、もしくは写真をとってください。

 

次に

事故の現場の状況、事実の明確にする。(証拠を作成する)

実際に起こってしまった事故について状況を伝えられる様にする事が大切です。

事故直後の現場の状況を写真などで納めておくのも手です。

さらに、事故から期間を空けない内に

事故を起こしてしまった当日の初めの行動から事故直後までのご自身の記憶をメモなどにまとめておきましょう。

『エビングハウスの忘却曲線』というモノをご存知でしょうか?

人の記憶は20分後に約42%、1時間後で約56%、9時間後で約64%、

6日後には約76%を忘れてしまうというものです。

早めの行動が肝心です。

 

その後に行うのが警察への届け出(このあたりでしたら麻布警察署。)

起きてしまった事故がどんなに些細な事故でも必ず警察に連絡を入れることをお勧めします。

その時は全く症状が出ていなくても、何日か経過した後に痛みや痺れ等の症状が出ることもあります。

そして通院していくことになると、その際に行う保険金の請求には

#交通事故証明書 が必要となります。

小さな事故、大した事ない、と思われても必ず事故の件を警察に届け出て、「交通事故証明書」を申請してください。

 

必ず整形外科や総合病院で診察

事故に遭った際はアドレナリンなども出て興奮状態の為、

自身では大したことないでしょ?と思っていても、診察を受けると案外重症であることもあります。

必ず、病院等の医療機関、または、整骨院に症状をみてもらってください。

そこで診断書を発行してもらい、警察に提出してください。

診断書の提出により、事故の扱いが物損事故から人身事故と判断され、自賠責保険での治療費の請求が可能となります。

 

ご自身が加入している保険会社へ事故の報告

「事故にあってしまいました。」

と、ご自身の加入されている自動車保険会社や代理店に必ず伝えましょう。

 

最後に、、、

保険会社の担当者に整骨院に通院することをお伝えください。

あくまで、治療する場所を選択するのは患者さん自身です。

初めの期間の治療は特に大事になってくるので、通院しやすい所や、しっかり治療してくれる所をお勧めします。

そのような場所であれば病院や整形外科、整骨院であれ交通事故治療は安心です!

もし、交通事故でお悩みであれば気にせずご相談ください!

そして一番大事なことは。。。

事故に気を付けて、安全運転を心がけましょう(^-^)

 

Google検索で

六本木 整骨院

上記クリックしていただきますとお問い合わせ、また道に迷わず六本木ゆるり整体整骨院に来ることができるので便利です。

トレーニングの原理・法則

六本木交差点にある六本木ゆるりの福田です。

皆さんの治療をさせていただいている際にやはりどうしてもトレーニングが必要な方々がいらっしゃいます。

なので今回はそのトレーニングそのものの原理や法則について再確認していきたいと思います。

 

まずトレーニングの原則とは何?

トレーニングの原則のもとになる考え方は、

『ヒトの器官や機能は、適度に使えば発達し、使わなければ退化・委縮する』

という〃ルーの使用の原則〃にあります。

 

ルーって誰だ?

ドイツの生物学者(1850年生まれ)で正確にはヴィルヘルム・ルーさん。現代のスポーツや体育のトレーニングにおいても使われている生理学における基本原則〃ルーの使用の原則〃を唱えた方です。

その原則に基づいて大事になってくるのがトレーニングの原理。

 

生体の多くの機能は普段与えられている刺激の強さに適応して変化していくため、刺激が過度に強ければ機能は発達し、低ければ機能は退化していきます。

その多くの機能の内、特に筋肉はその傾向が強く、日常で与えられる刺激に比べてより強い運動刺激を継続的に与えると、その刺激に適応する為に機能が高まります。この時に与える強い刺激を〃オーバーロード〃と言います。(又は過負荷)。

トレーニングを始めたばかりの時期は、筋の適応能力(トレーナビリティー)が高く、適切な値のオーバーロードが与えられれば、筋肉の機能は比較的容易に増大していきます。

 

しかし!ずっとおなじ強度でトレーニングを続けていくと筋力が増加して、最初は適切であった負荷が相対的に低くなるので、その負荷の値はオーバーロードではなくなります。よって、効果が上がらなくなります。

そこで、筋肉のレベルに増加を合わせトレーニング強度も段階的に高めていくことが必要になってくるんです。

 

このように段階的に負荷を高めていくことを〃漸進的過負荷〃といいます。

しっかりその漸進的負荷を想定してトレーニングを行うには、各個人個人のトレーニングの目的を把握しなければなりません。例えば筋肥大であったり、筋持久力UPであったり。

それに合わせ、オーバーロードの基準を設定して行うトレーニングが本物のトレーニングですね。

それをまずはしっかりしておかないと、筋肉を傷めてしまったり、ケガの原因、成長期の年齢層では順調な成長の妨げになってくるので注意が必要です。

 

どうでしょうか?

少し理論的なお話ではありますが、トレーニングに理論はとても大切です。

 

筋肉を発達させるためには普段与えられる刺激より強めの刺激を与えなければならない。

では、そのオーバーロード。どの様に設定していくか?

5つの基準がこちらです。

 

◉負荷強度・・・・・・どの程度の重さでトレーニングするか?

◉反復回数・・・・・・連続して何回反復して行うか?

◉インターバル時間・・セット間で休息をどれくらいとるか?

◉全体の容量・・・・・合計で何セット行うか?

◉トレーニング頻度・・1週間に何日行うか?

 

この5つを最初にしっかり設定してやるとトレーニング毎に現状把握や効果の確認が出来、オーバーロードの値を決めやすくなります。

逆にこれができていないとケガの原因になります。

 

次にトレーニングの効果を高める5つの原則がこちら↓

 

〇オーバーロードの原則

筋肉の活動力を高めるためには、日常で使用するよりも強い刺激(オーバーロード)を筋肉に与える必要がある。

 

〇漸進性の原則

筋肉レベルの増加に合わせて、段々と負荷レベルも上げていくこと。同時にトレーニング種目や負荷のかけ方などを高度化・細分化していくこと。

 

〇継続性の原則

筋肉の高度な発達の為には長期間の継続が必要になる。モチベーションの継続。

 

〇特異性の原則

トレーニング効果の特異性に基づき、目的に合った運動条件を選択して(目的が筋肉の肥大か、筋肉の持久力をつえたいか、シェイプアップか、など)トレーニングすること。

 

〇全面性の原則

全体の要素をバランス良く、トータル的に高めていくこと。偏らないトレーニングであること。

 

以上これらの事をふまえトレーニングして頂けると、効率の良いモノになります。

 

さて、あなたはどんな自分になりたいですか?

この創造がトレーニングのスタートです(^^)

六本木ゆるり はその想像をお助けさせて頂きますよ!

場所はココをクリック⇩⇩⇩

六本木 整骨院 マッサージ

港区六本木 整骨院 ゆるり整体整骨院がオススメする姿勢改善のためのトレーニング

こんにちは。最近テイップネスに通い始め、学生時代の運動に励んだ時代を想い出し、そして浸っている福田です。

六本木のティップネス。

とても近くなので通いやすいっす!!

はい。今日はいきなりトレーニング名からご紹介です!

 

ドローイン。

スポーツを以前されていた方や、現在も行っている方は聞きなれた方も多いのではないでしょうか?

 

『ドローイン』とは腰痛対策の運動療法や、スポーツ選手のトレーニングに取り入れられている技術の1つで、お腹をへこませる事で主に腹横筋に働きかけるトレーニング技術の事を指します。

お腹を凹ませると、腹横筋に繋がっている胸腰筋膜が引っ張られます。そうすることで脊柱が安定し、体幹部の筋肉が力を発揮しやすくなります。

 

ドローインをするとどうなるか?

まず内部変化についてですが、腹腔といってお腹の内部の事を言い、その腹腔の面積が約50%になり、腹横筋や腰方形筋、脊柱起立筋の働きが増すのです。

次に外観のお話ですが、ドローインを行うことで腹横筋を筆頭にお腹回りの筋肉の再教育を行います。その結果、先にお話しした胸腰筋膜が動き脊柱起立筋の働きによって脊柱(背骨)が安定します。

体の筋肉や骨は密接に関連してきます。他の腹筋群や背筋群の働きも助長されるため、姿勢の改善に向かっていきます。

 

正しい姿勢でいると、腰痛予防はもちろん、より多くの筋肉が効率よく動くため代謝量の増加につながります。

と、なってくると・・・

・・・そうです。

ダイエットにもなるんです!(^^)!

ゆるり でも姿勢の矯正の為に症状によってドローインのトレーニングを行うケースがございます。

案外、皆さん楽しんでやってくれております(^-^)

やっぱり何事も楽しんでやるのが一番ですね!

今回は「ドローイン」という1つのトレーニングを先にご紹介しましたが、

「ドローイン」も数あるトレーニングの中の1つです。

トレーニングにも様々な種類があり、今回紹介したドローインは

「コアトレーニング」に分類されます。

 

・コアトレーニングとは

コアトレーニングとは2000年辺りに開発され、現在では多くのプロスポーツアスリートさんが取り入れているトレーニングの事で、〃コア〃とは〃中心〃という意味で、主に背骨や骨盤などを支えている筋肉たちの事を指します。具体的な筋肉名でいえば「腹横筋」や「大腰筋(腸腰筋)」などがあげられます。これらの筋肉は身体を支えるために身体の深い部分に存在します(深筋群という)。これら深筋群を含めた体幹部全体のトレーニングを〃コアトレーニング〃と言います。

 

〃コア〃という言葉は職業や見解によって様々な考え方があると思いますが、医学的に考えるコア(中心)とは胴体部分の深筋群を指します。

最近ではやはり有名なのがサッカーの長友選手のトレーニング本ではないでしょうか?

長友選手は皆さんご存知の通り、とても安定感あるプレイスタイルが持ち味の日本が誇るサイドバックです。

その安定感抜群の力強さの要因は、やはり体幹がしっかりしているから。というのがまず挙げられます。

 

さて、では体幹部の筋肉がトレーニングによって強化されればどうなるのでしょうか?

大きく3つに分けるとこんな感じです↓↓

〇関節の回転軸の安定(特に腰椎の前後左右の運動軸が安定)

〇関節の固定性(関節を固定する構成体は骨、軟骨、関節包、靱帯、筋などがあり、その中でも随意運動が可能<自分の意志で操作可能な運動>なのは筋肉だけ、ということを最大限活用しながら自らの意志でコントロールする)

〇動作の安定(いわゆる動作中におけるブレ、崩れの防止。安定すれば動きのロスが少なくなりスピードがアップ、そしてエネルギーのロスが少なくなる分スタミナの浪費を抑える事が出来る)

 

少し、アスリートチックに説明しましたが、普段の日常生活でも大いに効果を発揮します!

例えば、、、

・デスクワーク時の正しい姿勢の維持。

・週1の休日のジムでのトレーニングでの効率UP。

・外回り営業で歩く際の正しいフォームの取得。

などなど。

 

特に!

注意して頂きたいのが〃出産後の女性〃の皆さん!!

出産時は、胎児が骨盤の中を通りやすくなるように、内分泌系の働きで(ホルモンの働きで)、骨盤の関節などを繋いでいる靱帯や関節が弛緩します。大体の方が産後、骨盤周辺の組織が緩んだ状態でお仕事に復帰したり、家事に追われたりとそのままの状態で日常生活に戻ります。すると当然の結果ですが腰痛の原因になることや、腰回りにお肉が付着したままになることがあります。

緩んだものはしっかりトレーニングして元に戻しましょう。

 

そのトレーニングの代表的なモノが最初に紹介したドローイン!

ドローインは呼吸法の延長としてでも行うことが出来ることからも、運動能力の有無に関係なく実施することが出来るトレーニングの1つです。

またドローインのトレーニングに慣れる事により普段の日常生活で時間や場所を問わず、簡単に行うことが出来るのも魅力です。(通勤の電車の中や、家事をしながら、お風呂に入りながら、など)

まずは、ここからでも良いので運動、トレーニングの習慣をつけてはみませんか?(^^)

 

[参考文献]30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド(高橋書店)

https://www.amazon.co.jp/dp/4471143077