肩こり、肩凝り ⑤

しばらく空いてしまいました。

肩凝りシリーズ 続編。

さぁ、やっていきましょう!

何の続編なん?って方はこちら!

前回ブログ「肩こり、肩凝り ④」

「肩こり、肩凝り ブログ集」

 

 

まず肩こりですが大〜きく分けて2種類あります。
・本態性肩こり
疲れや不良姿勢などが影響する筋肉の疲労や筋緊張が原因となるもの
・症候性肩こり
頚椎の病気(疾患)などの整形外科的なものから消化器の病気(疾患)などの内科的なもの、そしてその他の領域など、様々な疾患が原因となるもの

いわゆる一般的な、皆さんが悩んでる肩こりは前者が多いと思われます。
この肩こりの原因となる姿勢で代表的なモノが、前回ブログにも出てきた、
FHP (Forward Head Posture)!
頭部前方突出位 と、呼ばれる姿勢です。

頚部前方突出位、、、

略してFHP姿勢 。
私自身、今まで患者さんに携わらせて頂いていると、特にデスクワーク(PC作業 )がお仕事の方に特に多いと感じます。
少し姿勢の詳細を解説すると
頭部が前方に垂れ、頚椎が全体的に前側へ変移し、第1頚椎と後頭骨で構成される環椎後頭関節の部で過伸展位となる。
って感じですね。
極端な話をすると、
少し角が立つかもしれないですが
ご年配のお婆ちゃんが良くお身体が前がかりになっているのを見かける時はありませんか?
かなり極端ですがその姿勢です(・・;)
ご年配の方はおそらく関節の変形が既に進んでしまっている方が多いと思われます>_<

この姿勢でずっといると
体がどうなっていくのでしょうか?

どーなるのでしょうか?

どーぅなるのぅ?

久しぶりの更新で、なかなかスムーズに文がまとまらないぃぃい!(−_−;)

はい。皆さんがスマホの「戻るボタン」を押す前にお話を進めますね。

この様な姿勢、いわゆる悪い姿勢が続いてしまうと、だんだんと筋肉に負担がかかり硬くなっていく。
硬くなっている状態は筋肉が過緊張している状態。
この過緊張状態になる筋肉が、世間的にいう肩こりの正体である。
慢性的な辛さや筋肉の疲労が出現しやすい筋肉ですね。
ではその筋肉はどの辺にある筋肉なのか??

次回に伸ばそうと思ったが、今回は頑張ってみよう!
継続は〜力なり〜!!

緊急事態宣言は伸びますが

ブログの話は伸びませーン!

肩こりの正体である#過緊張 状態の筋肉のお話。
まず始めの筋肉はー
僧帽筋 (上部線維) ー肩の上方にあり、いわゆる首と肩の付け根辺りの筋肉です。
僧帽筋という筋肉は実は結構大きく、上部、中部、下部という風に3つの線維に大きく分類されます。
その内の上部線維が特に過緊張状態になりやすく、肩こり の大きい原因とされています。
姿勢が悪くなると、どんどん背中が丸くなっていきます。そうなってくると腕もどんどん前の方に移動します。
すると、次はだんだん重力も加わっていき、姿勢は悪くなる一方です。
この現象をギリギリの所でしっかり支え続けてくれているのが僧帽筋(上部線維)で、肩甲骨を吊り下げてくれています。
ただそんだけ酷使しちゃうと、そりゃ硬くなるわな(−_−;)
という事ですね。。。

次にご紹介する過緊張状態の筋肉君 。
.
肩甲挙筋 ー 肩甲骨 を挙げる筋と書きます。首の骨の#頚椎 の1〜4番目の骨から始まり下に伸びて 肩甲骨の内の上角〜内側上方に終わる(付く)。
.
この肩甲挙筋はその名の通り、肩甲骨を上に引き上げる働きをします。
後は肩甲骨を下方回旋させる。
なんじゃそれ?って感じですよね。私も最初はそうでした。笑
口下手なもので、写真で肩甲挙筋の働きを示してみました。図にすると分かりやすいですσ(^_^;)

 

僧帽筋と同様
実はこの 肩甲挙筋 も肩こりに重大に関わってくる模様です。。。

結構普段の生活で無意識に使われてるみたいです。(O_O)
一体どんな時に 肩甲挙筋 が使われているのでしょうか?

 

①物を持つ時
手に重い負荷がかかり、そのままの状態でしたら肩全体が下方にさがってしまいます。
それを下がらない様にしっかり固定します。

②肩をすくめる時
肩甲骨自体を持ち上げる作用があるので、自然と肩をすくめる時にも働きます。
寒い冬などは無意識に肩、すくめちゃいますよね(-.-;)

③デスクワーク時の不良姿勢
パソコン作業 の際、背中を丸めて顎だけ前に突き出してパソコン のディスプレイ に向かっていませんか?
おそらく無意識に肩甲挙筋を過緊張に導いていますよー。
.
etc.
.
気づいている方も多いかもしれませんが、
働き方、肩こり に関与という部分においては僧帽筋 と少し似ている部分があります。
この2人、結構仲良しの様子。

機能的に大きく違うのは、
僧帽筋は浅い層にあり
肩甲挙筋は深い層にある。
肩甲挙筋は瞬発的な力を要する動作では働かず、持続的な動作(姿勢の維持)などで力を使ってしまいやすいですね。

悪い姿勢が続くと、どんどん過緊張する筋肉が出てくる。
前に熱く紹介した後頭下筋群 もその1つです。

後頭下筋群とは何ぞや?って方はこちらをクリック!

「肩こり、肩凝り ④」

そんな姿勢とはもうお別れをしたいですよね?(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

じゃあ考え方を変えて何でそんな姿勢になってしまうのか?
それは筋肉が過緊張。じゃなくて
筋力低下 してしまう筋肉が存在するからです。
そうなんです。
姿勢が悪いと、筋肉を固くするだけでなく。
筋肉自体の力を低下させてしまう事もあるんです。
では低下しやすい筋肉を次回から少しずつやっていきまーす。

これはほんとに次回で!

疲れちった。。。

 

ゆるり整体整骨院 六本木

東京都港区5-1-1 マイアミビル2F

☎ 03-3479-6088

アクセスはこちらから ← Google Map

整骨院の保険診療の詳細はこちらをクリック!!

 

「肩こり、肩凝り ブログ集」はこちら!

 

 

 

座骨神経痛は辛いですよねえ~!!

皆さまこんばんわ!!

ゆるり六本木です。。。

最近、座骨神経痛が辛くてご来店される方が目立ちますね。。この腰からお尻辺りの、何とも言えない辛さが気になってご来店されます。

これは、臀部から脚先に向かって走っている神経が、ちょうど中殿筋や梨状筋の間をかいくぐって出ているのですが、座りっぱなしでしかも、あまり運動をされない方などは腰が張ってくるのは勿論ですが、腰の張りが影響して臀部の筋肉も辛くなってくるみたいですね。

そんな方にお勧めのストレッチはというと・・・

椅子に座って片方の足首を反対の脚に乗せて、そのままの状態で上体を前に倒してみて下さい。。

そうすると殿部の筋肉が伸びてくるのが分かると思います。

デスクワークの合間に是非とも、このストレッチを実践してみて下さいね(^^♪

ついでに肩も回して肩凝り改善♫

ちなみに整骨院も併設しております。

初診は姿勢分析も行っておりますので、姿勢が気になる方も一度受けてみてはいかがでしょうか。。(木曜・日曜休診)

全身ほぐし整処ゆるり 六本木店の方は休まず営業しております。

肩こり・腰痛・全身疲労で、六本木にて整体をお探しの方は是非、お越しくださいませ ♪ ♪ ♪

 

六本木交差点かどのビル(マイアミビル)2階

電話:03-3479-6088

ふくらはぎを鍛えて免疫力をアップしよう~~♪♪♪

皆さんこんにちわ~(✿✪‿✪。)ノ♡

コロナの影響で外出自粛を余儀なくされ、待機・テレワークなどで自宅から出られない日々が続いていらっしゃる方々の多いことでしょう。

家に閉じこもりっきりでは精神的にまいってしまいますよね!!そこで今回は、自宅で出来る簡単な運動をアップしたいと思います。(前回の股関節運動もやってみて~~)

ず~~っと前に、ふくらはぎの筋ポンプ作用などお話しさせていただきました。

今回は、そのふくらはぎを鍛えるべく、その運動についてお話しいたします。ハイ♪

いたって簡単なんですけどね (^^ ♪ ♪ ♪

 

普通に立った状態から『踵 (かかと)  をできるだけ上げてつま先立ちをする』

だけ!!

この動作を30回~50回繰り返します。これを一日の中で3セットやるといいかなあ (^^ ♪ ♪ ♪ 決してふくらはぎが太くなるような事はありませんのでご安心を。。。

ふくらはぎが太くなる原因は、普段の立ち方・歩き方が問題の方が多いようですので、これもまた機会があれば投稿しますね。。

下の動画をご参考に(^^♪♪♪ ⇩⇩⇩

んでもって、ふくらはぎを鍛えたあとは・・・ゆるり六本木店でフットマッサージでしょう♪♪♪  (家から出られない!!っつうの!!)

最後に

皆さんの いいね! シェア が励みになります。

どうぞよろしくお願いいたします。

六本木で駅近マッサージ店をお探しの方は、全身ほぐし整処 ゆるり 六本木店に是非どうぞ。。(ご予約はお電話かネットで)

ネット予約(クービック)

また、ゆるり整体整骨院(保険診療)も併設(木曜・日曜は休診 )しておりますので、ぎっくり腰・急な肩の痛みなどなどございましたら、遠慮なくお電話くださいね。保険診療は電話のみの受付となっており、お電話の際には「保険診療で!」とおっしゃって下さい。

場所は六本木交差点まん前 アマンドを正面に見て左手 マイアミビル2階

電話番号 03-3479-6088

年末年始以外は休まずやってますよお~

 

 

姿勢が大事♪♪♪♪続き

みなさんこんばんわ~

前回の続きですう。

姿勢が気になっている方は、まず自分の姿勢を把握してみましょう。自分の姿勢を客観的に把握するには鏡で見るのが一番解りやすいのですが、仕事でデスクに向かっている自分の姿を見るのは難しいですね。
ですので、デスクワーク中に気づいたら、その場で背中、首、頭、腕の位置がどうなってるか自分で自分を観察してみましょう。

デスクに向かって仕事を始めるあたりは皆さん姿勢を気にしてらっしゃる事と思います。

ですので時間が経過して、なんか前のめりになってるかな!?!?と思ったら、その時が自分の姿勢の観察時です。じっと観察してくださいね。

お尻の位置? 足は組んでいるかいないか? 両腕は何処に置いているか? 背中の丸まり具合はどうか? 頭の位置はかなり前に出ていないか?

とりあえず、これだけでも確認してみましょう。。

姿勢が大事♪♪♪♪

意識してね。。。

姿勢について

皆さんこんにちわ~

全身ほぐし整処ゆるり六本木店ですww

肩凝り腰痛でお悩みの方の多いこと多いこと!!

で・・・皆さんおっしゃることの共通点は

「やっぱ姿勢が悪いんだよねえ~」

です。ハイ

お客様がおっしゃる通り、姿勢が肩凝りや腰痛を引き起こしている場合が多いのです。でも実際に、どんな座り方が良いのか、どんな立ち方が良いのか、どんな歩き方が良いのか、ご自身で調べた事がない方がほとんどです!!

私自身も書籍やネットで調べる前は大雑把で、ただ漠然と意識してるだけでしたが、調べるほどにけっこうむつかしい面もあるのですね。

どの筋肉を使って骨盤をやや前傾に保つとか、座ってる時の骨盤の傾きなどなど・・・

ただお尻を反らせるのでは不十分なのですよね。

でも難しい事を云っていたらキリがないので、せめて正しい立ち姿勢・座り姿勢・歩き方をご自分自身で調べて頭に焼きつけてみましょう。。

何かが違ってきます♪♪

それから、

体の筋肉・関節をまんべんなく使う。

そして、体の筋肉をまんべんなくほぐす事も大切です。ゆるり六本木店で定期的にほぐしてみてはいかがでしょうか。。

また、ゆるり接骨院で姿勢分析してもらって、ご自身の姿勢を写真で撮って貰てみてはいかがでしょうか♪♪

運動をはじめて4ヶ月目ですう~

みなさんこんにちっわ(✿✪‿✪。)ノ♡

運動を始めて、早いものでもう4ヶ月目に突入しました。。出来るかぎり週に二回を目標に始めた運動(筋トレ)ですが、立ってる時の姿勢に変化が見られ始めました(^^♪

それは

腰の歪曲です。運動を始める前は腰がだるく、朝洗面台歯を磨いてる時にフト腰を丸めている自分がいたのです。

その頃は腰痛とか腰のコリとか、いろいろ検索して調べていたら、ある日、骨盤前傾・骨盤後傾の解説をしている方のブログを発見して読んでいたのですよ。

読んでみて、ナントナク分かったことが

骨盤は適度な前傾が好ましい!!

それも大腰筋・腸腰筋を使っての前傾が好ましい!

らしいのです。これがずっとひっかかっていたのですが、最近自分の姿を鏡の前で映した時に、お尻を突き出した腰の反りではなく、なんと云いましょうか、自然体での腰の反りがみられたのです。

運動時に体幹を意識してやっていたせいでしょうか?腰の歪曲(反り)が自然にできるのです。

ということで、またとりとめのない事を書いてしまいましたが、是非!ご自分の姿勢を意識して頂きたいと思います。。

腰痛・肩凝り・背中の痛みも全てが姿勢(長時間の同じ姿勢も含めて)が原因ではないかとおもいます。

そういう意味でも、ゆるり整体整骨院で姿勢分析をしてもらって、自分の姿を意識してみてくださいね。。。

【必見!クーポン有!】六本木で整骨院をお探しの方はこちらへ

六本木交差点にある整骨院とは?

ゆるり整体整骨院 六本木 の福田です。

ケガや体の痛みにアプローチする整骨院

日頃のお仕事による疲れや辛さに癒しを提供するリラクゼーション施設

2つの施設が併設する総合的に体をメンテナンスする場所が

六本木ゆるり でございます。

その整骨院のクーポンがコチラ!!

エキテンクーポン!!です。

 

初検時に発生する姿勢分析料¥1210の負担をなくし、

通常¥2410が→¥1200 で!!

初検料をお得に出来、しかも次回からも金銭的な負担がガクッと下がります。

もちろんお体の負担もガクッとなくそう!と日々奮闘中です。

是非、こちらをご覧になってお越しくださいませ。

※来店時にもスタッフに画面をご提示くださいね!

 

自律神経って何?

ゆるり 六本木 の福田です。
今年は気候が例年と比べ、乱れがちです。体調を崩される方も多いのではないでしょうか?

心の修行で滝を裸で浴びた や
最近家で裸族、はじめました。 など

そういう方はそれが原因の可能性は 大!です。笑

しかし、そういうきっかけがなく、体調が崩れてしまった。。。
その様なケースの場合は自律神経が関与しているかもしれません。
季節の変わり目や環境の変化などで
自律神経がバランスを崩すとを体に様々な症状がでます。

例を挙げると・・・ 続きを読む

骨折や脱臼をしてしまった時の対処方法

こんにちは。
ゆるり六本木 の 福田 です。

東京港区にある
ゆるり整体整骨院 六本木 では、

骨折や脱臼の施術も行えます。

もし、自分が骨折・脱臼をしてしまったら、、、

もしもの時の治療の進め方についてご説明していきます。
続きを読む